平成から令和になって3ヶ月目に突入ですね。

周囲の近況を聞かせて頂いてると、
追い風に乗ってノリにノリノリで進んでいる方と、
これまでの後始末のようなことで
大忙しの方と様々です。

その影響によるボディの負担を取り除くお手伝いをしていると、
お客様から気づかせて頂くこともとても多いのです。

結局、人は、
見たいものを見たい形で見ているだけで、
自分にとって都合の悪いことは
自分にとって都合のいいように解釈する。

その結果、
新たに闇が深くなる。

都合のいいように解釈したポジティブな行動に出れば出るほど、
深くなった闇もまたますます深くなってゆく。

その闇が土台となっているから、
闇が崩落しそうになると、
とんでもないパワーで抵抗が入るわけ。

これが無意識の領域で行われているから厄介なの。
無意識で起きていることを
言葉で伝えても、
無意識のものなので理解ができない。
理解してもほんの輪郭程度であり、
再び心地良い闇の中へ落ちてゆく。

光であれ闇であれ、
土台なしでは生きていけないからね。

何かを達成しようとしても、
いざっていう時に邪魔が入るとか、
いざっていう時に協力者が消えるとかいうのも、
決して偶然ではなく、

闇を野放しにして進もうとしても
足かせが大きくなるだけなんだよ、

ってことに
気づけるかどうかは
とても大きいと思う今日この頃です。

わたしが施術を通して対面してるのは
お客様でありながら同時に
過去の自分を癒す機会を頂いてることも多いんです。

自分の辿ってきたことが
100パーセント生かされてる今、

わたしが心に決めているのは
闇を排除するのではなく
闇を抱きしめてあげること。

闇があるからこそ
光も強くなれるので、
闇を上手に扱えるように融合していく。

その姿勢は変わりません。

ただ、、

ご縁あるからといって
全員は救えない。

これができるのは
寿命のあるうちだけ。

エラーの修正のためには、
ものすごぉぉぉぉーーーくエネルギーを必要とするから。
とにかく大きなパワーを必要とします。

今までの心地良さからはみ出るパワーが必要なので、
違和感が出てきて当然ですし、
不安や様々なものを通過しなければいけない。

この過程はちょっと孤独かも。

だからボディケアは基本なんです。
ボディが弱っている時は
今までの安心感に引っ張られてしまうからね。

「死んでしまってからでは出来ないことがあるから
生まれてきたんだよ。」

って

施術を支えてくれている見えないサポーターが
わたしに教えてくれたことがありました。

巷では
人は誰もが使命を持って生まれてきているって言われてますよね。

それは真実だと思いますが、
その使命を探すためにという表現で
ただ落ちているだけのことの何て多いことでしょう。

落ちたところから
マイナスをやっとゼロまで戻っても、
ゼロに戻っただけなのに、
プラスになったと勘違いしてることの
なんて多いことでしょう。

今やっとスタート地点に立てたんだよ!
ってところにいるだけなのに
またうっかりと転落していく。

この転落も、
落ちてる感の自覚はなく、
むしろ自然体です〜
ありのままです〜
なのだろうと思います。

わたしも、
どんなにご縁が深くても、
落ちていくことのほうが心地良い選択をされたら、
やはり見送るしかないんですよ。

「全員は救えない。」

本質から逃げないで。

偉そうに書き綴ってしまいましたが、、、

わたしも
人生の課題に挑戦し続けている1人です。

本質から遠ざかる人を追いかけてる暇はないということ。

令和は正直な時代だと思います。

^_^