施術中、頭蓋の調整をしていた時のこと。
蒲郡の竹島の「宝船」が飛び込んできました。

施術中に感じたことは伝えるようにしているし、
現れたものも伝えるようにしています。

これは、
一方的にお客様へのメッセージということではありません。
そこから何を感じるのかによって、
託されている中身が変わるので、
見えたままに伝えても、
伝える段階においては
わたし自身の感じ方が加わって伝えるしか表現がないため、
お客様にはお客様の感じ方でそれらを受け取って頂いてます。

その宝船もちょっと面白くて、、、
竹島の宝船は、白黒で一枚の絵として描かれているはずなのに、
とっても鮮やかなカラフルだったんですね。

しかも立体感あるカラー付き。

一枚の絵が、立体的にカラフルな形となって、
しかも、、、壁に貼られているのではなく、
天井から吊されていたのです(°0°)

しかも、本当ならば
竹島の宝船の絵は、誰も乗っていない船なのですが、
映像で出てきた宝船には、
ごっちゃりと沢山のモノや人達が乗っていて、
大変賑やかな船だったのです。

そのまんまをお伝えしてみたところ・・・

本当に竹島の宝船の絵を買ってきて、
乗せたいモノを乗せてみて、
貼りたいものを貼ってみて、
色塗りしてみようか!ということになり・・・

ちょうど、千年ノートを一緒に習った仲間でもあるので、
このことを、千年ノートの講師にもお伝えしたところ、
一緒にやってみようかー!ということになり・・・

そして、その夜。

現在のわたしは、
英語の発音を毎日少しずつ聴くようにしてるのですが、
Amazonのプライムを利用して、映画を流しているんです。
同じ内容を、何度も聴いているうちに、
だんだんと聞き取れるようになってくるので、
自然と続けているんですけど。

その夜は、違う映画にしようと思って、
変えたんですよ。

すると。。。

映画の中に、飛行船が登場するではありませんか!(笑)

宝船のような形をしていて、
いろんな宝物が乗っていて、空を飛んでいるシーンを見て、
こんな偶然みたいな必然に笑いが止まりませんでした。

続きはまだあり、
翌日、姪っ子の写真がLINEで送られてきました。

まだ3歳、
最近の趣味はブロックで乗り物を作ること。
機械ものが大好きなんですが、
ブロックで機内の様子を上手に表現してるんです。

日本と米国のハーフですから、
赤ん坊の時から飛行機には乗ってましたけど、
機内の座席や壁を作るんです。

施術中に宝船が飛び込んできたことから始まって、
絵を描こう、
色を塗ろうということに繋がって、
飛行船や飛行機の話題が身近にやってくる・・・

こういうスピードの流れは、注意深く楽しんでいたいわけです。
今は令和ですからね^_^

もし、
一緒に宝船の色塗りをしたいという方がいたらと思って
この記事を書きました。
どこかの土曜日か日曜日に企画しますので、ご連絡くださいませ。

最初は日常とは関係ないことかもしれないことでも、
同じひらめきを共有し、同じ時間と体験を共有することで、
関係ないことは一つもなくなり、
あとから色々と関連付いてくるものです。

人生で楽しいのって、その部分。

すでにメンバー内で色々とアイディアが浮かんできてるので、
楽しみです。

竹島(蒲郡)