先日の施術で現れたビジョン。
竹島弁天の宝船。

そのお客様は、
宝船のお話をわたしから聞いた後、とてもワクワクして、
さっそく購入しに行ってくださったんですよ。

その後、他のことまで、
一気に物事が進んでいき、今とても大忙しになっています。

竹島弁天の宝船は、
不思議なエピソードがわたしにもあります。

かれこれ数年前のことですが、
わたしが蒲郡に来たばかりの頃、
ある宝石ジュエリーの委託販売をやり始めた頃のこと、

竹島弁天の宝船をあるご縁で知って、
それを封筒に入れたまま、電話の下に敷いていた事があるんです。

すると、宝石ジュエリーのお問い合わせが
次々と入ってきたんですよ。

また、ある方は、
宝船をお布団の下に敷いて眠っていました。
すると、不調だった体調がみるみる改善し、
お礼参りに行きたいから一緒に行ってほしいと頼まれた事があります。

この絵、なんなのでしょ?

不思議でした。

この絵をわたしに紹介してくださった方は、
今は竹島にいらっしゃらないんですけど、
「封筒に入れたまま、飾るものではなく使うもの」と教えてくださったんです。

わたしにとって竹島は、
あまりにも近所すぎて、
お参りというよりも、庭を散策する感覚に近いものがあって、、、

それだけ身近でありながらも、
不調な時は、竹島を歩くと、元気が蘇ることもよくあり、

とにかく身近すぎて、
必要な時には竹島に行く!という気持ちのほうが次第に強くなり、
宝船の絵を使うことはだんだんわたしの中で忘れていたのでした。

先日のビジョンに現れるまでは。

ビジョンの中では、この絵がカラフルに賑やかになっていて、
天井から吊されていたのですが。

まずは下書きを!

ということで、コピーして、
モレスキンサイズにして、
好きな色を自由にのせてみることから始めてみました。

塗ってみると、これがまた楽しくて!

仕上がったものをモレスキンに貼ったものがこちらです^_^

気に入っています。

本体は、何も手を加えずにそのまま封筒に入れてあります。

さて・・
施術中に感じることや、現れるものをお伝えする時は、
それなりにわたしもリセットの心がとても大切だと感じています。

これは施術の基本中の基本で、
心をゼロに保てるような状態じゃない時には
他者に触れてはいけないというくらい大事にしています。

自分を見る時も
他者を見る時も
観察者の視点がとても大事。

それには理由があります。

生きてる限り、わたしたちは変化し続けているので、
もしモヤモヤしたまま相手を読もうとしたら、
自分のモヤモヤまでが相手に書き込まれてしまうから。

特に気をつけなければいけないことは、
ネガティブな感情、、、、たとえば心配しながら相手に関わると、
相手の未来をネガティブに変えてしまうこともあるということ。

歪んだ愛情も同じだと思っています。

歪みすぎて気がつかないことも多いですよね。
がんじがらめに縛り付けられてるだけなのに、
体感ではそれが心地良いとすら感じる人間関係もあると思います。

いつも何かと賑やかで活発なように見えていても、
霊的な視点では、ただただエネルギーを吸い取られてるだけで、
疲労回復に時間がかかってしまう人間関係もあります。

エネルギー低下していると、
そういうことにも気づけないし、
エネルギー低下の真っ最中は、
お買い物でお金を払ってる時と同じくらいの気持ち良さが残ったりするので、
気づけない人は本当に気づけない。

光が強く濃くなっている時代ですから、
闇も濃く、根強く、心地良い時代なのだと思います。

時々はデジタルデトックスをして、
紙の上で色塗りをしてみるととても良いですよ。

宝船を色塗りしながら、余韻に浸っていたら、
静かな心が事を成すって言葉が飛び込んできました。

これもモレスキンに書き留めておこうと思います^_^

楽しい時間をありがとうございました!