あっという間に10月。
ユミコサロンの消費税も10%になりましたが、
いつも好評頂いているアミエンザイムパウダーは8%のままです。

アミエンザイムパウダー


昨夜は、レジに登録している商品の設定を変えている時、
ふと友人のことを思い出し、連絡してみたら、
やはり遅くまで増税準備に追われて、
残業は深夜まで及んだそう。

そうだ、このWebページに表示されてる金額表示も
変えなくてはいけませんでした。
今までは定価+税という形で表記してましたが、
この表記が認められるのも、調べていたら正式には期限があるようで、
今回からはすべて税込み価格で表記することにしました。


色々なお客様と関わらせて頂きながら、思ってることですが、
今回の増税と軽減は、食品関係の方々はとても大変そう。

食品の消費税は8%のままなのに、
その食品を使って行うサービスや、
加工に使う光熱費や設備などは10%かかるわけでしょう。

売上消費税だって、国に10%納めなきゃいけない。
経費で使った消費税分を差し引いて納めるわけですが、
仕入れ(食品がメイン)の経費から消費税分を差し引ける分が
8%のものが多いとなると、

軽減されてさえいなければ、
そのまま10%差し引けたはずのものを、
残り2%って、どこで誰のために使われていくのかなって。

軽減税率って言う言葉でごまかされてる感。
事業者の立場から見ても、この増税ってけっこうきついと思います。

わたしのような小さな規模で事業をしている立場でも、
今回の税法改正はけっこう緊張するものがあります。

軽減税率が導入されたことで、
請求書の方式も、インボイス方式に変わるようになります。
これで区別されるのは、
消費税が8%か10%かという区別だけではなく、
お取引先の事業者が、
消費税を払っている事業者なのかどうかも区別されるようになる。

免税事業者かどうかなんて、今は区別がつかないけれど、
これが2023年から区別つくようになる。

さらに、その免税事業者にお金を払って何かを仕入れても、
仕入れの分として消費税を差し引けなくなる。

同じお金を払うなら、
消費税10%分を控除出来る事業者と取引したいと思うでしょう。
10%は大きいですもの。
普通の経営判断だと思うんです。

どんどん二極化されていく感じがしますね。

起業するのは誰でも簡単にできることですけど、
その継続を続けていくのは、
昔よりも難易度が高くなってるのを感じます。

さ、頑張らないとね♪


そして、きょうからユミコサロンも、
キャッシュレス消費者還元事業の対象店でもあるので、
今朝はその販促ツールが届きました。

「正しく設置してください」というマニュアルまでついてました。

うち、とても小さな空間なので、
このポスター全部使ったら、部屋がなくなってしまうんですけど(^_^;

外に出ると、あちこちで見かけますね。
キャッシュレスのほうがお得感がある印象。

○○ペイとか、△△ペイとか、色々ありますが、
どれが一番いいかしらって聞かれることもあるんですけど、
そんなのわたしもわかりません(^0^;

世の中で統一されてないし、
あっちでは○○ペイ使えるけれど、
そっちでは□□ペイじゃないとダメとか多いし、
支払いのたびに支払い方法を変える手間を思うと、
現金で払ってお釣りを頂いたほうが簡単じゃない?って思ってしまうくらい、
ペイペイ関係はわたしもメリットの差なんてわからないです。

とにかく、すごい勢いで世の中が動いていますね。

うちのお客様は、わたしも含め、
アラフィフ世代、またはその上の方が多いですが、
アップデートしてる間に、一生が終わってました、
ってことのないようにしましょうね(笑)

アナログもいいですが、
デジタルも使えるようになった上でアナログも楽しんでいきましょう!