先日、都内への出張の帰りに、
お世話になってるわらじ館(富士山の御殿場ルート7.4合目の山小屋です)の、
忘年会に参加してきました。

久しぶりに、わらじ館の館長とゆっくりお話できて、
とても嬉しかったし、

スタッフの皆さんとの再会も、
なんだか里帰りしたみたいな嬉しさがこみ上げてきて・・・♪


うちのお客様からも、
来年は富士山に是非!と複数の方からご要望を頂いているので、
体力に合わせて楽しめる企画も考えていきたいと思っています^_^

特に、今年のわたしは
もう登山下山は無理かも?と思うくらいの膝痛を完全に回復させましたし、
そのメソッドは富士山では惜しみなくシェアしたいと思いますので、
楽しみもいっぱいです。

と同時に、
実際にはそれどころではないスピードで、
それどころではない展開も現在同時並行しているので、

いろんなことが一気に進んでいるので、
時々、どかっと不安になることも多いのです。

色々なことがね。

自分の判断、これでいいのかなっていちいち思うことも多いし、
新しく始まってるものや準備していることのために、
土曜日を使うことも増えているため、
ご予約のお客様にご不便をおかけしていることも少し増えました。

その分、毎月の定期メンテナンスのお客様に対しては、
夜間の対応をしたり、
早朝の対応をしたり、、、

出来る範囲でしか出来ないことですが、
働き方も、対応も、今までとは違う形で工夫しながら、
なんだかあっという間の令和元年だったような。


そんなわけで、
先日の忘年会で、わらじ館の館長が話していたことが、
わたしの中で強烈に響きまくりました。

何かを始める時には、いろんな事が起きるものですが、
それは怖がるものではなくて・・

【最初のスタート時が一番おもしろい時なんだよ。
最初はいろんなことがあるけど、そこが一番おもしろいところなんだよ。】


っていう館長の一言が、もうドンピシャ!!!でした。

一番おもしろい時の、一番おもしろいところを、
他人に持っていかれてたまるか!!!!なんですよ。

おかげさまで気持ちが落ち着きました。


怖いくらいなら止めればいい。という選択もあります。

そうじゃないんです。

やってみたいけど怖いことは、やってみましょう。

やってダメなら、そのときやり直せばいいので、
いい意味での開き直りパワーも大事ですね。

わたしはわたしに、そういうカラダを作ろう。

足裏には、インスピレーションを高める部位があります。
そこが詰まると冴えてこないのです。

ここに施術にいらっしゃる方には、
その部位を必ず念入りにほぐしていますが、
ちょっと大きな勝負を控えている時には、
さらに念入りに刺激を与えておいても良いかなと思っています。