正しいか、間違ってるか、よりも大切なことがありますね。

正しさだけでは、人は癒されないです。


完璧な治療を必要とする完璧な病人になってしまうよりも、
心地良く動けるかどうか、
心地良く過ごせるかどうか、
のほうが、大切なこと多い気がします。

治さなくていいものは治さなくていいし、
治るものは治したいと思うし、

そのバランスも、
何を大事にしたいかによって、みんな違うと思うんです。


少し前にね、
お子様の体臭をすごく気にされてるお母様とお会いしました。

男の子の赤ちゃんって、女の子よりも香りが強いですよね。
カラダを洗ってあげるときに、
出来るだけ負担のない石鹸を選んで使っていたそうですが、
体臭が取れなくて、、、、とのこと。

臭いが、寝ているシーツにしみこんでしまうそうです。

赤ちゃんの詳しいことはわたしもわからないのですが、
普通の普通の普通の固形石鹸を使ってみたらどうですかって
提案してみました。

おしゃれな固形石鹸もいっぱいありますが、
そういうのじゃなくて、
昔っからある、普通のやつ。

昭和の時代に、普通に使われていたやつを。

その方の定義の「負担のない」石鹸と比べたら、
「負担ある」のかもしれませんが、

体臭はきっと取れると思ったので、そう提案してみたんです。

普通の固形石鹸も、いくつか種類があるから、
ひとつに決めないで、
いろいろ試してみたら?・・・と。

数日後、ご連絡を頂きました。

体臭、気にならなくなったそうです^_^♪

良かった・・・♪


カラダって、負担のあるものを察知すると、
外に出す作用が働くから。

負担ないと判断したものは、
そのまま、ぜーーーーんぶ受け入れちゃうから。

受け入れたはいいけど、
こんどは成分の代謝をしなきゃいけないわけでしょう。

そういうの皮膚代謝の中で行われていくわけで。

汗との化学反応で、なんともいえない体臭になっているお客様を
たくさん見てきたから。

普通の固形石鹸にして、体臭が消えた体験を持つお客様は、
ユミコサロンにも密かに多いのです。

いま、いろんなものが多過ぎ。

あれが良いとか、これが良いとか、
お腹いっぱいです。

化粧品の中には、
皮膚の奥まで入るとか、
中から改善するとか、
いろんなものがあるけれど、、、

カラダの奥に入らないという安心感が大切な時もありますよ。

バランスを大切に^_^