わたしが滅多にチョコレートを買わない&食べないのは、
頭がカーンとするからです(笑)

なのに、頭がカーンとしないチョコレートに出会ってしまいました。

カンボジアのチョコレート


カンボジアで食べたお菓子は、
わたしが選んだものは、あまり甘くなかった。

滞在先では、日本人向けのお菓子やおつまみが用意されてましたが、
一切手をつけず、隣のコンビニみたいなお店に行き、
現地のお菓子を買って少しずつ食べていたんです。

甘いものがあっても、ただ甘いだけで、
口の中に残らないものがほとんどでした。

ドラゴンチップスもそう。
甘みはあったけど、とてもシンプル。

日本のバナナチップのほうが、どれだけ甘いことか。

今回、つい買ってしまったチョコレートは、
カンボジアの名所がパッケージになっていて、
王朝時代の歴史が蘇ってきそうな写真の数々に感動し、
つい、ユミコサロンに飾りたくなってしまって。


チョコレートを食べないお客様も多いので、
飾ってるだけですが、
食べたいお客様には食べて頂いてまして(早い者勝ちですが)、

みんな同じこと仰います。

「あれっ。甘くない。」

「口の中に残らない。」

もちろん、口の中で軽くても、
食べ過ぎると、おそらく、胃の中にドカっと残るかと思います。

だから、食べ過ぎずに済むというか。

ちょっとだけ、一口だけ欲しい時に、
一口だけで止まるというのが嬉しいです。

日本では、
甘さ控えめで、食べやすいお菓子がいっぱいあるけれど、
甘さ控えめのかわりに、いろーーーーーんなものが入っています。

その、いろーーーーんなものが、
いつまでも、カラダの中にへばりついてる感がわたしは好きじゃなくて、
登山のような激しいスポーツの時じゃないと、
甘い物が食べれないんです。

でも、時々こうして、単純に、

お砂糖どっさり入ってます!
でもそれだけです!

みたいなものを食べると、

やっぱり原料の種類が少なめのものは、
カラダも負担が少なくて済みますね。

正しいかどうか、
安全かどうか、
の話じゃないです(^^ゞ

カラダが楽かどうかのお話です・・♪