カンボジアでびっくりすることは、
これまでの数少ない旅程の中でも色々ありましたが・・・♪

某マッサージサロンでは、
メニュー表に「24時間営業」と書かれてありますが、
入り口のドアには、「営業時間は9時から1時」と書かれてあり、

どっちが本当なの?って日本人なら思うかもしれませんが、
カンボジアでは大きな問題ではありませんでした(^^ゞ

どっちでもいいみたいです笑

行ってみたら開いてるかもしれないし、
閉まっているかもしれない。

これ、働く立場側から見たらすごく楽でいいなぁって思いましたね。

働ける時は一晩中でも働けばいいとわたしも思うし、
休みたければ休んだほうがいいですもの。


今回も、現地スタッフさんにアテンドをお願いし、
専用車を2日間契約していたのですが、
約束の時間の10時になっても車が来ない。

・・・・連絡をして頂くと、11時だと思ってました!とのお返事。

カンボジアあるあるだそうで(笑)


また、あるお店では、
店員さんに聞きたいことあって、直接出向いて問い合わせてみたところ、
「少しお待ちくださいね。こちらに掛けてお待ちくださいませ。」と
案内されて座ってみたものの、

待てども待てども、店員さんは戻ってきません(笑)

何をしてるのかと思ったら、昼休みだったんですねぇ。

昼休みにノコノコとお邪魔するお客様のほうが頭悪いわけで、
店員さんの昼休みを奪っちゃいけないし、
店員さんも昼休みが終わってからお客様対応は当たり前のこと。

日本は、逆のことが多いです。

お客様をお待たせするのは罪なこと。

自分のサロンを振り返ってみました。

午前の仕事が終わって、お昼を食べる暇がないまま、
午後のお客様が早めに到着された時は、
夜まで空腹のままぶっ続けになっちゃうんだよなぁ・・。

カンボジアの、自分の時間を大切に優先する姿勢は、
素敵だなぁって思ってしまいましたね。

こちらも、お客様として出かける時に、
出かける時間を工夫すればいいだけのことなので。

お互い様が、普通に浸透している。


また、日本人経営者さんに現地スタッフさんのことを聞いてみると、
家族をとても大切にするので、
叔父が熱を出したので休みますって言われる時があるそう(笑)

お、叔父ですか?
親とか子どもじゃなくて?

日本ではそういう欠勤理由は考えられないですが、
家族は大事ですから・・・^_^

時間を守ることや、約束を守ることは大切なことだし、
わたしも予定をコロコロ変える人のことは
笑顔で対応してても、信用はしていません。

でも時間という定義が、
10時なら10時、ではなく、
10時と聞いたら、11時くらいまでが10時という定義だとしたら?

カンボジア人のことを、時間を守らない人には見えないんです。

文化による違い。

ここはカンボジアだから。

ゆるゆるの良さは、他にもありました。

財布の中で、膨大に増えてしまったリエル札を、ひとつにまとめたくて、
空港のお土産売り場で両替を頼んでみました。

日本ではレジで両替なんてお断りですが、
なんと!
快く交換してくれました。


そして、、、

カンボジアでは破れた100ドル札はどこにいっても使えません。
銀行に行っても交換してもらえないので何の役にも立ちません。
偽札ということになるのだそうです。

ほんの少し破れただけでも受け取っていただけず、
破れてないものを出してくださいと言われるので、

そのことをメンバーにも念入りに伝え、
ドル札は破れないように管理してねって伝えていたんですが、
まさに、それに関連した事件がチェックアウトのときに発生。

宿泊したホテルで支払ったデポジット(保証金)の返却のときに、
戻ってきた100ドル札が旧札だったので、
あれ?って思ってよく見てみると・・・2ミリほど破れている!

わたしが何も知らない外国人だからって、
知らんぷりして出してきたのかしら。

わたしはクメール語を話せませんので、

カウンターをバン!!!って大きく叩き、
旧100ドル札を差し出して、「交換してください!」と日本語で言いました。

カウンター奥に、破れてない綺麗な100ドル札があったので、
それを指さしながら。

ホテルマンは笑顔で素早く交換してくれましたが、
この笑顔でにっこりとわたしは偽札を受け取るところだったんですね。

こんなふうに、しれっと、しれっと、しれーっとね、知らぬうちに、
やられちゃうこともあるんだなぁと思った体験でした。
気をつけましょう・・・

ただでさえ記憶にない2ドル札が
わたしの財布の中に入っていたのですから( ̄0 ̄)
何かのお釣りで、まぎれていたのだと思います。

(2ドル札も流通してないので、どこのお店でも使えません。やられた。)


それでもわたしはカンボジアを嫌いになれませんでした。

この、なんでも有りなパワーがね。

先にやっちゃったもん勝ちな勢いがね。

なんだか、元気とパワーを頂けてしまうんです。

ひとつひとつ鍛えられております^_^

ナガワールドホテルのシャンデリア