「施術終わったら、大量の便が出ました!」
って言われることがあります^_^

りきんで出てくるものじゃなくて、
自然に、全自動に、ふわわわぁぁぁっっと、たっぷりね。

腸もみをしてるわけじゃないし、
腸がぐるぐる動き回るという感じでもないのに、
お腹もすっきりしてきます。

トイレに座ったら、勝手に出てきちゃった!みたいな。

理想的だと思います^_^


排便のペースについては、わたしは思うところが色々とあってね。
自律神経のペースに合わせることがとても大切なの。

排泄する力まで弱っていますっていう状態の時は、
腸だけを動かそうとしても、
確かにそれで便が出るようになっても、
ものすごく不快で落ち着かないの。

腸を動かすために、他の筋肉や神経がそれらをカバーするので、
「便が出た」という結果を得ても、
カラダが心地良いかどうかといったら、それは別。

逆に、運動できない時に運動した時みたいな、
変な疲労感や不安定が残ることもあります。


でも、自律神経がリラックスしている時の排便は、
トイレに座った時に全自動なので、日常の快適さレベルがまったく違う。

気合いじゃなくて、

力でもなくて、

正しい習慣でもなくて、

自然のままに在るという感じ。


事実だけを見たら
「便が出て良かったですね!」

だけど、

「どんなふうに出ましたか」
「快適な状態を保てていますか」

ということを辿ってみると。。。?


事実と、数値だけでは、語りきれないです。


数値が正常でも、
カラダが不快なら、やっぱり何かが違うんですよ。

だから、わたしは、自律神経に合わせる。

即効性のある商品を使える人もいれば、使えない人もいるのは、
そういう理由からです。


わたしは
自律神経は、神様の通り道だと思っているんですよ。

ここがバランスくずれると、
神様がサポートしたくても
上手にそれを受け取れなくなってしまう。

その間、
自分じゃないような体感が交ざってきてしまうこともあります。

自分とは違う別人という言い方もありますし、
それを霊障扱いする人もいると思いますが、
そういうものが、もし自分と一緒に在るとしたら、
理由があって、いまそのような形で(姿で)一緒に在ります。


最終的には、自分しかわからない、
自分しか見ることの出来ない「世界」と、
ご対面する覚悟が大事になってくる。


自分のカラダに合う食べ方をすることや、
自分のカラダに合う形で排泄することは、
神様の通り道を綺麗にするための大切な基礎工事のようなもの。

そのためのボディケア。


春は、この基礎工事がとっても大切ですね^_^