毎日、出勤されてるお客様のお話を聞いていますと、
毎日、体温計で熱をはかってから仕事に行くそうです。

少しでも熱があれば、会社を休まなきゃいけないのだそう。


わたしも、この状況下でも、
ほそぼそとサロンオープンを続けていて、
お客様も、ひっそりと、静か~~~~に来てくださっていますが、

自分の体温チェックは毎日行っています。

体温計で計った熱が平熱であっても、
カラダが何かおかしいと感じる時は、
コロナ関係なく、注意を払わなきゃいけないと思っているんですが。

ま、でも、
わかりやすく数値で示すことも大事な時代ですからね。


。。。そうなんです。

オンライン時代は、わかりやすく示すことが本当に大事と思ってます。

わかりやすい言葉で。
わかりやすく示せる数値で。


わたしの得意とする、
目に見えない空気、温度、味、香り、気配からも情報を得る人にとっては、
そういうのをオンラインで伝えるのは難しいし、
もし伝えようとすると、リアル以上に神経を使いますね。
今のままではね。


リアルな場で、
「大丈夫」って言える時の根拠と、

オンラインで
「大丈夫」って言える時の根拠は、

まったく違うところにあるからです。

だから、工夫しなきゃね。


スピーカーが聞こえにくいというだけで
相手にもストレスを与えてしまいます。
マイクとスピーカーは(イヤホンは)手抜き出来ないですね。

どれにしようと考えた結果、
Apple iPodsに決めました。

お店が休みだったので、購入はこれから。

値段は高めだけど、ここは手抜き出来ない設備投資です。

安いのはいっぱいあるけれど、
時々不安定ですがまぁまぁ使えますっていう体験談などを聞くと、

その「時々」ってやつが、「一度」発生したら、
二度目はないかもしれないなぁという感覚がわたしにはあります。

わたし自身が、聞こえにくい人との会話はストレスだから。

対面では聞こえにくくても気にならないんですよ。
共有している空気から伝わってくるものも沢山あるので、
むしろ、その空気を感じ取るほうがわたしは得意なほうです。

言葉が途切れてる間も、
次の言葉が出てくるまでの「間」だとわかるし、
沈黙であっても会話中なんです。


オンラインは。

言葉という狭い世界。。。

言葉が途切れてる間でも、
相手が何かを感じようとして、何かを発しようとしてる間は、
わたしは待つ派なのですが、
待てる人と、待てない人が、グループの中にいたりすると、
たちまち、その「間」は、消えていってしまいます。


なんでしょうね、不思議なんですけど、電話はストレスじゃないんです。

顔、見えないのにね。

見えないからこそでしょうか。
声に集中してるし、
見えないからこそ、一生懸命になるというか、
エネルギーが集中されていくのを感じます。

伝えようとするほうも、
受け取ろうとするほうも、
画面越しで顔が無駄に見えているよりも、吸収が大きくなる感じがします。

そう。
電話は、「こちら側」の世界。
画面は、「あちら側」の世界。

その違いかな。


このオンライン化によって、
人間のカラダも謎に進化することがあるかもしれませんね(笑)

テレポーテーションとかね。おもしろそうだ。


だって、「あちら側」は、
相手が、隣の家の人であっても、海を越えた海外の人であっても、
こっちにしてみたら距離感の大差がないんです。

目の前の画面に現れてる人が、どこにいてもいいんです。

これがオンラインの面白いところですよね。


どっちがお得とか考えないほうがいいですね。


だから、

「直接会わないとわからないです。」って、
オンラインでは言わないでください(笑)
それ、わたしも同じ気持ちなので(笑)

わたしのイメージするオンラインは画面じゃないんです。
スターウォーズのように、ホログラムが空気中に登場してもっと立体的。
その時代が来るまでお待ちくださいませ。

ユミコサロンは静かにオープンを続けており、
来れる方には、万全の対策をとって対応しています。

そして、来たくても来れない方から、
ご相談の連絡を頂くたびに、
電話なり、メールなり、
対応させて頂きながら、
今できる形で精一杯やらせて頂く。


引きこもってる間に、免疫を落としてしまわぬよう、
ズボラアイテムも増えました^_^

少しずつご紹介してゆきますね。

スムーズにリアルでお会い出来るようになったら、
こんなことしよう、あんなことしよう、いっぱい出てくるんですけどね。
何年先のことになるかな。

とにかく、今は、
カラダを冷やさないように気をつけながら、
少しずつでも前進を止めないで。