外を歩いている時、
または、どこかに入った時、

なんと言ったら良いのか、、、言葉には言い表すことのできない違和感、、
(違和感とも違うんですけれど)を味わう時があります。

その場所で、過去に何があったのかはわかりませんが、
同じ空間を共有している別の次元の何かがここで生きている、みたいなね。


単純に、わたしの霊感が
そのような次元にフォーカスしているだけのことと思って、
そのまま気のせいにしておくことも多いんですが、

富士山を歩いている時にも、
時々このような感覚に襲われることがあります。


大好きな山なので、毎回丁寧に大事に歩きますが、
大好きなのに苦手なところが樹林帯の中にもいくつかあります。
そういうスポットには、あまり長居したくないと思ってすぐ帰ってくるのに、
帰ってきたらまた行きたくなる不思議な魅力もあるんです。

両極端なものが存在しているような感じでしょうか。

主要ルートの中で、それらを強烈に感じるのは、
わたしにとっては須走ルートなんです。
(わたしの個人的意見です。)

富士宮ルートや御殿場ルートに通う頻度と比べたら、
須走ルートは圧倒的に少ないわたし。

古御岳神社


須走ルートの登山口は、標高2000の所にあり、
少し歩くと、古御岳神社があります。

木花開耶姫のお父様でもある大山祇命(おおやまつみのみこと)が
祀られています。
ここで安全祈願をしてから出発します。

小さな空間に見えますが、とんでもない。
尊厳な雰囲気に包まれていて、
気持ちがぐぐぐっと引き締まるんです。
さぁ、行くぞ!ってね。


そして歩きだすのですけど・・・・重い・・・空気が重いのです(。_。)
美しい樹林帯だし、
緑の香りもあるのですけど、
なんだろう、重いのです。

最初の頃は、わたしの体力的な問題だと思ってました。
雲の上ですから、酸素が薄いせいと思っていました。
だけど、8合目超えるといつも楽になる。
下のほうがきついなんて?


何度も富士山に通っているうちに、
体力的なことだけではないなって感じるようになりました。

やっぱり違う!

何かが違う!

この感覚は、須走ルートでしか味わっていない。

そのうちに、
須走口って、いったいどんな歴史があったんだろう?って
思うようになりました。

調べてみようかなぁ。。。って。

調べる前に、答えが飛んできました。
富士山検定を取得されたお姉さんが、
わたしに須走口の歴史を教えてくれました。

須走ルート



時は遡り、宝永噴火の時代のお話になりました。
宝永の噴火が起きたのは、1700年の頃です。
(宝永4年11月23日と言われています。)


火山砂礫が大量に降り続け、
それが2週間くらい降り続け、
昼間でも夜のような暗さが続いたそうです。

そして噴火口からもっとも近い須走村は、壊滅状態に。
降り積もった火山物によって、その高さは3m以上に達したそう。

噴火が終わって、
避難先から戻ってきた須走村の人達を待ち受けていたのは、
一面に広がる火山砂地。

農耕地はすべて崩壊し、作物を収穫することも出来なくなりました。

今の時代のように便利な機械があったわけじゃないので、
砂を取り除くことも困難でした。


その後、深刻な大飢饉が発生したそうです。


さらにさらに。
雨が降るたびに、いろんなものが流れてしまいました。


大量の焼け砂が防水堤に溜まりだし、
翌年は激しい豪雨もあり、防水堤が決壊。
濁流がすべてを呑み込んでしまい、なにもかも消えてしまったそうです。

長く続いた二次災害によって
当時の方達はとても大変だったと思います・・・


そして、このとき、
復興に向けて全力を尽くしてくれた方が、
伊奈半左衛門忠順(いなはんざえもんただのぶ)。

宝永の噴火のとき、幕府の命を受けて、災害対策に当たってくださった方です。

復興までの道のりはとても困難だったそうです。
被災している方々の食糧不足が続いていたため、
伊奈半左衛門忠順は、それを見かねて、幕府の御蔵米を解放して、
被災していた方々を救ったそうです。

そのことで責任を取らなければならなくなり、
お役御免となり、
切腹を命じられたそう。

・・・むごいお話です(T_T)

3メートルの焼け砂で埋まってしまった須走村は、
ほとんどの砂が埋まったままで、
現在の市街地は、その上に建てられたものだそう。


お話を聞かせていただきながら、わたしは、
富士山の長い歴史の一部に自分が入り込んでしまったようで、
自分の意識を現代に戻すために、しばらく時間がかかりました。

現在の須走登山道は、緑豊かなルートで、見事に再生しています。
ときどき感じる重たさは、
現在を支えてくれている過去の重みなのかなぁ。


山頂の神様に会いに行くのもいいけれど、
麓で生きてきた方々に手を合わせることも大切なこと。

知らないことがまだまだ沢山あります。
なぜわたしが富士山をこんなに大好きなのかはわかりませんが、
これからも大切に歩こうと思ってます。