もう25年くらい前になりますけどね。もっと前かな。

わたしにカラダのことを指導してくださっていた師匠に言われた言葉を、
いま思い出してもやっぱりその通りで。

当時は、いっつも眠くて眠くて、気合いで生きていたんですけどね。

「ゆみちゃんは40代後半から元気になるよ。」

当時のわたしにとって、この言葉は、とても不思議な言葉でした。

当時も元気に働いていましたが、
カラダを快適だと思ったことはあまりなくて、
ほんと、気合いで生きていたんですよねぇ。

具合悪いって言えたらいいけど、
具合悪いなら寝てなさいって言われるのも嫌で、

寝るほどの具合悪さではないし、
起きていられるし、
じゃ、元気かって聞かれたら元気ではないのだけれど、
食欲はあるし、
この状態をどのように表現すれば良いのでしょう?っていつも思っていたから。


体質のことを学んでからは、
自分のカラダが本当は疲れやすいことがよくわかったし、
そのための対策として、
一日に3食は食べないほうがいいということもよくわかりました。

お腹が空くと倒れる体質もありますが、
お腹が空くことで生き返る体質もあるんですね。

そうやって、自分のカラダに寄り添いながら生きてきて、
40代ラストの今、、

一日に3食、普通に食べれるようになっています。

別に2食でも1食でもいけますけど、
昔は無理だった3食が今は平気。

それでも一度の食事の中で、バランス良い食事はしないようにしています。
一度の食事の種類を多くしないようにすることで、
消化中に使われる消化酵素の種類も少なくて済むようにしてるのです。

でもバランスも大事だから、
一日の中でバランスをとるのではなく、
一週間くらいのトータルで、バランス良い内容になるよう配分しています。


健康かどうかで言ったら、昔よりも今のほうがあちこち問題ありますが、
元気かどうかで言ったら、今のほうが断然元気で幸せかな。


師匠の預言通り。。。笑


これらは全部、全自動。

いつも、カラダに寄り添いながら過ごしているので、
観察しようとして観察してるのではなく、
自然とカラダが感じるままに、わたしも反応するという全自動なんです。


栄養内容とか、数値とかより、
ずっとずっと大事なこと。

数値が安定してても、カラダが不安定なら、
その数値、なんの意味もないですから・・・^_^


いつも、わたしはそれが基準になっています。

何かを買い物するときや、
進行方向を決める時も同じなんです。

どんなにお得なことでも、
カラダが心地良くないのなら、要らないものなんですね。

逆も言えるの。

どんなにザワザワすることでも、
カラダの奥まですっと入ってきて、
そのことが忘れられないのなら、
ザワザワしながらも前に進むようにしています。

むしろ、こういうザワザワって歓迎なんです。

頭の中では最初はストレスなんですけど。
最初だけなんですよ。

危険を察知するときのザワザワもあるけれど、
ブレイクスルーのチャンスだよ!っていう時のザワザワもある。


食べ物も同じなんです。

美味しいから自分に合ってる!というものもあるんですが、
美味しいから自分に合ってる!じゃないものもあるんです。

美味しさの区別も、
ザワザワの区別も、
わたしにとっては、カラダの中の同じところで反応をしています。


で、この部分を、、、

そのように使えるようになるために
「教えてください♪」っていうご要望を最近よく言われるのですが、
そうですねぇ、、、こういうのって、
わたしも師匠から教わったことではないのですよ。
ただ一緒に過ごしていただけ。


何度も同じ場所で同じ時間を過ごしたことで、
とっさの判断する瞬間や、
とっさの言動などを、
間近で見ていたことから知ったことがとても多いのです。

もし、言語化されて映像化されたものを
それだけを見続けていたって、
わからなかっただろうなって思います。

言語なんて狭すぎる。

映像も、その動きを支えているパワーの部分までは写らない。

同じ空気の中にいるってとても大事なことなんです。

全自動でインストールされるまで何度でも何度でも。

^_^


だから、同じ場所で同じ体験をするってとても大事なことだなって思うので、
行きたいところにはこれからも行こうと思うし、
会いたい人には会いにいきましょう。

そのために、
入場料のようなものが必要なら、お金を使ったほうがいいと思うし、

便利な時代ですが、
自分の足を使って汗をかくことでしか得られないものも多いですよね。
きっとそれはずっと変わらないことと思ってます。