都内某所の某懇親会にて。

緊急事態宣言が解除されたものの、
経営が元に戻っていかないという個人サロンさんも
結構多いですよっていうお話を聞きました。

何も影響を受けずに続いてるゆみこさんは、どうやって?と
質問を受けました。

いや、何も影響を受けていないわけじゃないですよ。
県外のお客様が多いということは、
県外移動を自粛しなければいけないとなったら大打撃ですから。

わたしは恵まれていたんです。
うちのお客様が、
ここで施術を受けることは不要不急ではないと判断してくださり、
自粛しない人が多かっただけで、
だったらうちも通常営業いたしますという判断をしただけ。

ひっそりと新幹線に乗って来てくださってました。

自粛がいつまで続くかわからないのなら、
続けられる限りは続けてやっていこうと
お客様と一緒に決めただけ。

コロナ関係なく、
わたしの仕事のペースは、ずっと続けられるペースではないんです。
少しずつ仕事を減らしていかなければいけない時が来ると思っています。
体力勝負な仕事ですし。。

今のうちに頑張れることは頑張っておきたいのと、
もうひとつの理由はね、
もし、自分がお客様の立場だったら・・・と思うと、
非常時の時ほど、
リアルで人と会える場所をきっと求めると感じていたから。

もし、自分がお客様の立場だったら、
心配してくれる人とお話がしたいと強く思ったから。

だからわたしは、
サロンは閉じちゃいけないって思っていました。

来れる人には対面で対応してましたし、
電話セッション希望の方には電話対応もしていました。

自粛しなかったことを反対する意見もありましたが、
反対する人のためにサロンを開けてるわけじゃないので、
わたしを必要としてくれる人のために開けているので。

わたしの中で人間関係に明確な区別がついたのも、
結果として大きなギフトだったかなぁ。

自粛中は、ステイホームアイコンが流行しました。
おうち時間というハッシュタグも流行しました。

そんなアイコン、
絶対に使うもんかと思っていました(笑)

なんでこんなアイコンが流行るのって思ってました。

人と近距離で会っていけないとなったら、
情報入手はテレビやインターネットだけになってしまいます。
そのように仕向けられてるとしか思えないアイコンの流行に、
嫌な気持ちになっていました。

本当にためになる情報は
テレビやインターネットからは得られないんです。

「人」からじゃないとね。

ひとりのサロンで、ひとりの法人です。
最初から大きくしないと決めて開業したので、
絶対に沈まない小舟のような経営をしようと決めています。
だからといって自分のペースだけでやっていたら、
とっくに潰れていたと思っています。

これからも、大事なところは、
お客様と一緒に決めていくと思います^_^

コロナ関係なく。

いや、ほんと、
コロナ騒動がきっかけになってはいるものの、
目を向けるべきは、
コロナ関係ないことの問題のほうが多くありませんか。

いま、自粛が解除されても、
元の忙しさには戻りたくない!という方が本当に多いので、
あのくらいのスローペースでも経済が回るように工夫できればいいのですよね。

これからも未知の挑戦が続きそうです。

少しずつ。

少しずつ。