きっかけは、大好きなマダムからの一言。

「ばさら邸でゆみこさんの施術を受けてみたいわ~」

名古屋から賢島駅までは近鉄で一本で行ける場所。
特急しまかぜの一番前の座席に乗って(180度広がるゴージャスな車窓です!)
優雅に出発をしました。


ばさら邸に行ったのも始めてでしたが、
今回はマダムからのご提案もあり、

「せっかく行くのだから別邸にしましょう」




別邸は2種類あり、
そのうちの「海里のはなれ」を選びました。
ここは、3部屋しかないのです。

行ってみてびっくりしたのですが、3部屋とも完全に独立しており、
一部屋ごとに一棟まるごとだったんです(°°)

つまり、一軒家が3つ並んでいます、みたいな感じです。お庭つきで。



お庭には、露天風呂がありました。

室内には、内風呂もありますが、
それ以外に、浴場もあります。

大浴場はないので、時間を予約しての貸し切り風呂になりますが、
貸し切り風呂が3つあるんです。
どのお風呂にしようか、迷ってしまいます笑

お風呂は、3つともコーディネートがまったく違うお部屋なので、
お風呂に入るためだけのお風呂ではなくて、
本当に空間まるごとを楽しめる環境でした。


「こんな自然の綺麗なところで過ごしていたら、
施術なんてしなくても良くない?」

と、一瞬よぎったのですが^_^


自分とこの家(いえ、部屋ですね)にもお庭に温泉があるので、
お風呂だけでお腹いっぱいになってしまいます。


さらに、お庭の奥にはもうひとつの建物があり、
中に入ってみると、このように岩盤浴になっていました。
床に寝っ転がる岩盤浴ではなく、
リクライニングチェアーになっている岩盤浴だったんです。

ここも自由に使ってもいいヒーリングルームなの???
なんて贅沢なのでしょう。



ラウンジ「時の家」に行くと、フリードリンクで、
静かな環境で読書も出来るようになっていました。
(最初は図書館かと思いました!)

宿泊するお部屋と、お庭と、ラウンジと、複数のお風呂だけで、
もう本当に十分なくらいなのに、
お料理もこちらの体質に対応してくださり、最高でした。

ばさら邸


館内を移動するときも、「海里のはなれ」ですので、
いったん外に出ることになります。

移動の小道がまたとっても綺麗でね。

ダイニングに行く時も、
お風呂に行くときも、
館内着のまま移動してもいいのですが、

作務衣と、浴衣が用意されていて、
それにあわせて、靴下とぞうりとバッグまで用意されていたんです。

いつものポシェットはさすがに浴衣には似合いませんから、
用意されていたバッグにiPhoneと部屋の鍵を入れて持ち歩くことにしました。

部屋ごとに、まるごと一棟という別邸にも驚きましたが、
お食事会場でもあるダイニングもすべて個室、
お風呂も大浴場ではないので予約制、
お部屋のお風呂は二つあり、
フロントという領域もないのでロビーのように人が1カ所に集まることもない、

誰とも会わないんですよ。満室だったのに(笑)


コロナで世の中全体が自粛していた間も、
ここだけは休まずに営業を続けていたそうです。
むしろ、密を避けるために、
お客様がたくさん来ていたというお話を聞きました。

大自然の中の高級旅館。
そのわりに、名古屋からも大阪からも電車一本で来れる距離。
駅に着いたら送迎があります。

何から何までパーフェクトで、
今度は仕事じゃなくて、自分のために、
プライベートで訪れてみたい場所になりました。

いつものわたしは、
とても小さな空間で、バタバタと生きていますので、
そのバタバタ感が普通になってしまっています。

たまには最高のクォリティでサービスを受けるのは、大切なことですね^_^

施術にいらっしゃるお客様の立場を考えてもそう思うんです。
お客様も、色々な場で活躍されてるから、
その色々な場で味わった、余韻とか、ゆとりとか、、
そういう体験も持っている。

そういう土台があって、わたしの施術を受けてくださっているのなら、
そういう余韻を知らないでいるのは、
接客サービスの器も広がらないと思うから。

で、そんなこと抜きに考えても、純粋に素晴らしいです。

ホテルから一歩も出ずに、自然の中にいるのに部屋の中なんですという空間。

キャンプなどのサバイバルも楽しいですが、
優雅なひとときもゆったり楽しめる人でありたいです。


貴重な一泊二日をありがとうございました^_^