この20年、本当に多くのお客様と関わらせて頂いて、
だんだんわかってきたことがあります。

わかってきたことというか、、

お客様から教わってきたというほうが正しいかな^_^


カラダに不調が発生すると、
一刻も早くどうにかしなきゃ!って思う気持ちは自然だと思うし、

施術にお越し頂くお客様も、
肩コリさっさと取って欲しい!って方もいらっしゃいますし、

不具合なことは、どちらかというとネガティブ要素に置かれがち。


だけど、カラダはどんな時も完璧で、
バランスを取り続けています。

いま、自分のカラダが、どんな状態だとしても、
バランスを取り続けることをカラダはやめません。


もし、カラダが、
バランスを取るために、病気になっているとしたら・・・?

バランスを取るために、腰痛が必要な人もいれば、
バランスを取るために、不安な気持ちが必要な人もいます。


腰痛だから、動けない、
不安だから、動けない、
ということがあったとしても、
その時点での、それがカラダの最善な作用であり、
その時点での、パーフェクトな状態なのかもしれない、

という前提で見ていくと、、、


足ツボしていて、大きなコリを見つけたら、
それ、やっつけるんじゃなくて、まずは最初はご挨拶なんですよ笑

こんにちはー♪


このブログにも、どこかにそういう記事を書いた記憶がありますが、
昔のことなので忘れてしまいましたが、

まずは、

こんにちは♪

これ、とっても大事なことだなって最近つくづく再認識しています。


バランス取ってくれててありがとう、
このご挨拶を忘れちゃいけないなぁ・・って。


カラダは文句一つ言わずに、ずっと働いてくれてたわけです。
何らかの代謝しきれない老廃物があって、
心臓に流しちゃいけないものがあったから、
カラダはその流れを止めて、どこかに隠れるように蓄積させて、
それがこぼれないように、
他のところに散らばらないように、
それはそれは頑固に集めて固めてくれてて、
頑張っていたわけなのです。


だから、それまでの働きに対して、

「今まで止めてくれててありがとう。
これから少しずつ大掃除に入りたいと思うんですが、
どこから手をつけたら良いですか。」


このご挨拶が、一番最初に本当に大切なんです。


そのために、代謝しきれなかったものをスムーズに出せるように、
まずは出口をきれいに開通させなければいけない。

わたしが行っている足ツボは、その出口を開くことなんです。



出口が開いたら、
カラダはまたバランスを取り始めます。

出口がなかった時のバランスと、
出口が開いている時のバランスは、
中心が異なるのです。

だけど、たいていは、後者の中心のほうが心地良いんです。
カラダは流れてナンボですから・・・^_^


今まで止めていたものを止めなくてもいいような状態になれば、
カラダもその流れに合わせたバランスを取り始めます。


出口が塞がれていたら、
出さなきゃいけないものを出すことが出来ないので、
どこかにためてしまう。

人によっては、胃だったり、子宮だったり、様々ですよね。

これも、カラダがパーフェクトなバランスの中で決めていること。。。



そして、わたしがお客様から教わってきた一番大きなものは何かっていうと、
治っていく時の過程を見させていただけてきたこと。

重い病気のお客様が、
お医者様の同意を得て、
リラクゼーションのためにサロンに来てくださっていたこともあったんですが、
治っていくお客様と関わらせていただいててわかってきたのは、
最初は治そうとしていたけれど、だんだんとその気持ちが消えていったこと。

もちろん、治そうとする意思は必要なんだと思います。

でも、その意思だけでは、
なかなか治らないものを抱えているんですっていうふうに、
潜在意識が勘違いしてしまうこともある。

お金が欲しいと言ってる時と同じで。
いまお金がないです、だからお金欲しいですって潜在意識が信じてしまえば、
お金が欲しいと願い続ける現実だけが叶うだけで、お金は手元に来ません。


病気やトラブルに対する意識も、
ここ、すごく大事なんじゃないかとわたしは思っていて、

治そうとする気持ちを持ったあとは、
治そうとする力を超えていくことが、とっても大事なんだと思ってます。

これね、治そうともしない無関心とは違うのです。

放置でもないんです。


カラダが自然とバランスを取り続けていることを信じる気持ち、、、

バランスの中心が変化したら、
その変化に気がついて、対応しながらその都度過ごしていく気持ち、、、

カラダといつも一緒の気持ち、、、


自分が出来ることを集中していく流れの中で、
いつのまにか一瞬一瞬を集中して生きていて、
いつのまにか治そうとする気持ちが消えて、
治っていく力が発揮されているんじゃないかなぁ。


わたしは、ただの施術者なので、
病気に関する直接的なアプローチは一切出来ません。

やっていることはこの一点、
カラダのバランスを取るために、いま何が必要なのか、、、です。

わたしとの対話で、
そのヒントを沢山持ち帰っていただくお客様のおかげで、
わたしも最後までしっかりサポートしていこうって気持ちが引き締まります。


カラダのバランス。

バランスのためにも、日頃のボディケアは大事にしていきましょうね。

特別なことよりも、日頃を大事に。