コロナによる影響で、
今年は事業の売上が、どこか一ヶ月でも前年比50%以上落ちていれば、
持続化給付金を頂ける・・・

個人事業だったら100万円、
法人だったら200万円。

おかげさまでうちは、どの月も売上が落ちずに済んでおり、
給付金の対象外なんですが、


今になって、給付金詐欺で逮捕とかニュースがちらちらと出てきますね(・_・)


みんなが一生懸命働いて納めた税金を、
こんなふうに支払われていたのかと思うと、ちょっと残念な気持ちになります。


でもね。

給付金だけじゃなく、補助金もそうなんですけど、
仕組みを知れば知るほど、
本当に補助する気あるのかしらっていうルールなどもあり、
一般の人から見たらわかりにくいものも沢山あるんですよねぇ。

わからない人から見たら、
知ってますよ、教えてあげますよって言われたら、
つい教えてください!って乗ってしまう気持ちもわからなくもないです。


たとえば、中高年高齢者補助金っていうのは、
対象年齢が40歳以上という条件。

そんな補助金があったのか!
知らない人は知らないし、知ってる人だけが知っている。

主婦・女性への支援補助金っていうのもある。

IT導入補助金なんかは、
ホームページを作るだけで上限450万ってのもあったような。
これは、今あるWebサイトを、
来年のオリンピックに向けて海外のお客様を対象にした表現で
Webをマルチリンガルに変更しますというのでも良いと聞いたことがあります。


ただ、必要な書類も、受け取り条件も、
全部が同じじゃなくて、
毎年、条件も変わると言われています。


しかも、受給履歴があるほど、
ちゃんと受け取って事業に生かせているんですねってことで評価され、
繰り返し、受給されやすいという。


蒲郡市内の事業者のための、なんとかっていう補助金案内も届いていましたが、
申請期間や条件などを確認していると、
今のわたしには他に覚えなきゃいけないことがテンコモリだったこともあり、
他のことまでは手間でしかなく、今回は一切申請しませんでした。

でも、今年は、色々なことが勉強になったなぁ。


なんでもかんでも情報が入ってくればいいってもんじゃなくてね。
自分にとって必要なものなのか、そうじゃないものなのか、
判断できないと生きにくい時代になってる感もあります。

わからないことはわからないと言えば済むことも沢山ありますが、
自分で答えを出せずに、
周囲の意見だけに頼っていると、
悪魔に食べられちゃうこともある時代。


欲しいものは欲しいと言おう。

欲しいと言ったら、ゲットするために動きましょ。

要らないものは要らないと言おう。

気を遣って不要なものまで受け取っていると、運気まで落ちていく。



さて。
わたしが興味持っているカンボジアは。
コロナのこともあって、今は行けずじまいの間に、
デジタル通貨「バコン」が正式に運用開始したと発表があったそう。

国民の80%は、銀行口座を持っていないので、
デジタル通貨は広がりが早いかもしれませんよね。

それに、カンボジアは
スマホ普及率は、ひとり2台持ちが多く、
日本と違って、内でも外でもどこに居てもフリーWi-Fiが安定してますし、
持ってる人は、ひとりで3つ4つ持っているそう。

住所があるようなないようなド田舎に住んでいても、
オンラインで必要なことをしっかり学んでる方も多いです。

初めてカンボジアに行った時、
生きる力が日本とはまったく違うと感じた印象があります。
ただで潰れないんです。
何があっても生きるんです。
生きようとする力に圧倒されました。

あの勢い、、、今こそ見習わなきゃって思ってます。


ただでさえ、この一年、あっという間だったので。


今月は、2021年に繋げていくための大切な一ヶ月ですよ。
様々な制限があってもいいし、仕方ないことも色々とありますが、
必要な動きは止めないでいきましょう^_^