昨年末のこと。

都内のお客様から緊急相談が入り、
リモートで対応しました。

もう真夜中だったし、
さぁ眠りましょうってときだったんですけど、

今ちょっといいですかーーーーー!!!って、
深夜にLINEが入ったんですね。

こういうのって、なーんかわかるんですよね。

いつもなら夜中のLINEは無視します。
メールもそう。
わたしは眠る前に長文メールは読みたくないのです。

でも、そのときは違った。

出なきゃと思った。


すると。

咳が止まらないとのこと。

先日からずっと風邪をこじらせていたのですが、
風邪からすっかり回復しても、
咳だけは残ってしまったそう。

身体をあたためたり、
色々なことしてみたものの、
どうしても咳だけが時々出てしまうそう。


わたし
「あたたかく過ごしてね。そのうちにおさまると思うし。」

のんきな対応だったかもしれません。

お客様
「あした、撮影があるんですよ。
撮影中に咳が出たら、また一から取り直しになってしまうんですよ。
みんなに迷惑がかかってしまいます。
だから少しでも止められる方法があるのならと思って。」


あらま( ・_・;)

それじゃあ、なんとか出来ることだけでもやってみましょうか!
ってことになり・・・

ZOOMを立ち上げることにしました。


ちなみに、

咳を止める施術というのはないです。
熱を下げる施術というのもないです。

結果として、
咳が止まればいいねっていうのはあります。


ただ、、、画面越し。
今まで、わたしの個人レッスンを受けたこともない。

お客様の顔を見ていたら、
手からアプローチをしようと思いました。

ほぐす場所を教えようと思いました。

「わたしの手。見える?」

「はい、見えます!」

「このように、ここを押してみて。」

「えっ、どのようにですか?」

一回一回、カメラの向きを変えなければいけない。
これはかなりの手間でした。
それよりも、
最初から見えない状態で、電話のほうが自分の手に集中出来るんじゃないか?
と思いつつも・・・・
顔が見えることでお伝え出来ることも色々とある。

明日の撮影を、とにかく落ち着いて挑めるように、
わたしも精一杯がんばろうと思い直しました。


「場所、わかりました?」

「わかりました!」

「それじゃあね、そこを押すのと同時に、呼吸も使って合わせていってね。
息を吸うのは自分だけど、息を吐くのはあなたの指先だよ。」

「え。指先が息を吐くんですか?」

「そう。施術中は、吸った息は、背骨を通ってから指先にまわるの。」

「やってみます!」

なんだかんだと1時間ほどサポートしたかな。
画面の向こう側で、すっかりぽかぽかになっているお客様の姿がありました。

その時点では、何も変わってないかもしれませんが、それでいいんです。

実際に、身体がほぐれていくのは、
ほぐすために必要な技術を使っている時よりも、
その後の休息のときに回復に向かうことが多いんです。


翌日の昼過ぎ、お客様から感謝マーク大連発のLINEが入りました。

「きょうは朝から咳が出てないです。撮影なんとか終えられそうです!」

良かった。
きっと自律神経のバランスが取れたのだと思いました。

様子見て、一応、時間を作って病院に行くようにお伝えし、
大きな原因が何もないなら、
このまま手のケアを続けてみたらどうかとご提案して、締めくくりました。


とっさの応急処置とはいえ、
お客様の撮影に間に合うことが出来てよかったなって思いました。


タイミングによっては、、
身体に対して、
正しいかどうかよりも大切なことってあるんですよね。

トラブルがあっても、
どうしてもここだけは!!っていう使命を背負っている時もあるからね。
サポートする立場としては、休ませたいし、
ゆっくりしてたらそのうち治るかもしれないのに、、、って思うことあっても、
そこは押しつけてはいけないところ。

だから、ゴールを決める。

今回の対応は、今回という応急処置であることというゴールをね。

それ以降のケアは、根本から改善し直しをしよう。
というふうになる。


永遠に、いつまでも、規則正しくなんて無理な時代です。

その都度、

その都度、

区切りをつけながら、ケアしていきましょう。

^_^

新琴似神社