年明け、アホみたいなスピードで毎日が過ぎてゆきます。

登山トレーニングも、
ぎりぎりの時間を使って出かけているので、
正直きつい。

でもね、本当に毎日があっという間なんです。
だから、ぼーっとしていられない。

あと半年後には、富士山のわらじ館もプレオープンしますから・・

直前に身体づくりなんて、無理。
日替わりの標高差・気温差に耐えられるよう、
今のうちから、少しずつ作っていかないとね。


今年は富士山オープンするんですか?って
時々聞かれます。

そんなことはわからないですが、
オープン前提で準備は続けていないと。

どうなるかはっきりしてから動き出すようなら、遅すぎるし、
それでは何の結果も残せないですし。

どうなるかはわからない。

だからといって何もしないのは、とてももったいないのね。

どっちにどうなってもいいように、
準備だけは続けておくことに尽きますね、今は・・



この写真は、御殿場ルートの次郎坊(標高1930m)から撮りました。

この日は、めずらしく無風で。
朝から夕方まで、ドピーカンなお天気^_^

サクヤヒメからのプレゼントだったのかもしれません。


この日は、ひさしぶりにひさしぶりに、
とっても久しぶりに、、、

見ました!!!

・・・何をって?

あれですよ、あれ。
空飛ぶなんとかっていうやつです(^^ゞ

ふと視線を感じて、見上げてみると、
すっと消えてしまったの。
最初はね。

あ、、、もしかして、今のは。
見えてないだけで、飛んでいるのかもしれないと。。。

注意をはらうことにしました。

その後、忘れて、また黙々と歩く練習を続けていたら、
トレーナーが一言。

「あれっ!」

「あっ!」

・・・・・空の上で、ふんわりと静かに光ってた。

最初はひとつ。
そのうち、光はふたつになって、
その後は、みっつになった。

あああ、本当にお久しぶりでございます~。

1分くらいしか見ることは出来ませんでしたが、
本当に久しぶりのことでした。


振り返ってみると、これまでの遭遇の共通点は、すべて、
ドピーカンな時でした。

そして、無風の時でした。

そして、標高の高いところでした。

目線の高さにまっすぐ現れてくれるのです。

何なのかはわかりませんよ^_^

空飛ぶなんとかって呼んでおります。

もともと、わたしが山登りするきっかけは、
空飛ぶなんとかがきっかけでした。


こういうお話をすると、
どんな形だったのか絵に描いてって言われることもあります。

でもね、
絵にすると嘘になっていくんです、

わかるかな、この感じ・・・

言葉にしている途中で、
図にしている途中で、
どんどん波動が変わっていってしまうのです。


ほんの1分の出来事。
(1分と感じている体感です。計ってないです。)


それを、具体的に、具体的に、思いだそうとすればするほど、
あのときの1分間の波動が、どんどん遠くなってしまうのです。

あのときの1分間に体験したことは、
あのときだけのものなんです。

もし、
どこの誰が見ても、同じ形で同じ光で同じ音を発しているとしたら、
そっちのほうがこの次元で作られたものに過ぎないですよ。

形とか、
証拠とか、
そういうの追ってるうちは通じないことがいっぱいあります。

なんていったらいいかな、

形が変わっても、

数が変わっても、

同じものだってわかるの。

その感覚は、これからも大事にしたいです。