先日、某所でのランチ会にて。
あるテーマで集まった時のこと。8人くらいいましたね。

そのとき、ある女性がわたしに相づちを求めてきました。
「ね、この人の首、なんか気になるでしょ?気になるでしょ?
ゆみこさんだったらわかるでしょ??」

その女性の目の前に座っていた方のことを指していたのです。

わたしの席は端っこでしたから、
大きい声で話さないと、わたしに届きません。

内容からして、
なんか憑いてるってお話だったんですけど。

「わかるでしょ?
気になるんだよねぇ!」

って。

そんな言い方をされたら、
全員が、この会話に集中する羽目になりました。

えらい迷惑でございます。

憑いてるか憑いてないか言ったら、
憑いてますけど、
わざわざそれを食事会の場で、
大勢の前で話す必要もないことだと思ったので、

(・_・)??? ←適当にごまかしました。

とりあえず、その話題は横に置き、

首が詰まってるんじゃないかな。
温かくしてねって言葉かけをして、それだけで終えるようにしました。

ところが、言い出しっぺのその女性、引かない(笑)

「さっきからずっと気になっていたのよねぇ!」

・・・・ぬぉぉぉぉぉぉーーーー!!!!!

ここまでくると、
憑いてる憑いてないは問題じゃないです。

いえ、憑いてるも、憑いてないも、
もともと問題ではないんです。

当事者の都合で憑いてるんですから、
基本、周囲は放置姿勢でいいんです。

多くの人達にそれなりに影響を与えていらっしゃる方なので、
周囲から浴びるいろんなものだって、それなりにあるわけですから。。。

雨が降ったら傘をさすでしょ。
でも、多少濡れても気にならない雨もあるでしょ。

大事なのは、生き抜く力のほうです。
必要なことを選べる力のほうです。

当事者にとって、どのくらい気になっているのかも確認せずに、
周囲が騒ぐことでもないし、

憑いてるって言ってしまうと、
憑いてるものがさらに深く憑いてしまうことを知ってるわたしは、
その手に乗らないように話題を変えることに必死でした。

気になるっていうのなら、
それは、気になってしまう人の問題なんです。

そこ、ごっちゃにしないほうがいい。

わざわざ近づいてきて、
わざわざ大変なことになってると表現して、
頼んでもいないのに手助けをしようとする、
慈悲の顔した魔物様には気をつけましょう。