っていうお悩み相談、ときどき受けます。

ヘルシーだからと、
ダイエットにも良いと言われてますけど^_^

本当にそうなのかな。

お鍋の具材にも寄りますけれど、、、
一番大きな部分は「体質」の違いでしょうネ。

何を食べると痩せるとか、
何を食べると太るとか、、、じゃないんですよねぇ。

体質。

お米ひとつとっても、
固めで炊いたほうが代謝しやすい体質もあれば、
柔らかめで炊いたほうが代謝しやすい体質もあります。

代謝できるかできないか。

これは、みんな違うことなので、
周りがあれこれ言えるものではなくて。


水の代謝が得意な人にとっては、ヘルシーお鍋はヘルシーですが、
そうじゃない人にとっては、負担ですしね。

わたしも、そろそろ、花粉シーズンですから、
味噌汁は控えモードです。
味噌は冷やす作用があるので、
温かく飲んでも、血液温度が下がっていくのがわかるから(寒いわけではない)
免疫を無駄使いしたくない時には、そうやって調整していく。
決して、好き嫌いじゃないのね。


で、

お鍋。

わたしは、魚介類と野菜が組み合わさったものは、
味覚的に大好物ですが、
身体的にはそうでもない。

お鍋も、決して嫌いじゃないですよ。
みんなでつついて、楽しいから好きなほうです。
ただ、中身によって負担の違いをすごい感じるので、
そこは巧みに気をつけながら、身体を守っているということデス。


わたしの場合のお話ですけど、
魚介類の時には、
噛んでも噛んでも唾液が出るのがお肉よりも遅いので、
消化にすごく時間かかっていくのが身体でわかるんです。

カロリーは低くても、
消化に時間かかるなら、
それだけ負担となり、
翌朝、身体がふくらんでいたりするんですね。

だから、わたしは、
平熱も、血圧も、カロリーも、
数値だけで判断することは一切ないです。

カロリー低いは関係なくて、
身体がすっきりするなら高くてもいいし、
身体が無駄に膨らむなら、何かが違うってことなの。


同じ魚介類でも、
身体にドンピシャあう人もいますから、
このお話は、わたしの場合のお話です。

身体が喜んでいるものを食べていると、
無駄に太ることはないので・・


以前、こんなお客様がいらっしゃったんです、

「お肉も食べないし、
お魚も食べないし、
わたしは野菜生活をずっと続けているの!

なのにちっとも痩せないんです!
足は浮腫むし!」


お肉も、お魚も、食べないからでしょ。って思ったんですけど。

そのお客様は、
そのようなアドバイスを求めて来られたわけではないので、
こちらもそこまでつっこむことは出来ませんでしたけれど。


世の中には、健康情報がどんどん溢れてますが、
そういうのが溢れている間は、病気の人が減ることはないだろうなぁ。

いや、情報が溢れててもいいんですけどね。

大事なのは判断力ですよね。

自分にとってどうなのかってこと^_^

身体を大事にするということは、
そういう判断を、身体に合わせて出せるかどうかってこと。

突き抜けた即効性に惑わされないように・・
(急ぎのときは、そういう即効性が必要ですが)

本当に身体が喜んでいる時って、
テンションも普通です。

普通です・・・!

上がりすぎ、下がりすぎ、ってことがないです。

日頃の観察、大事にして、
いろんなこと気づいてあげていきましょうね。