むかーしむかし。
サロン開業して、2年くらい過ぎた頃だと思います。

ある有名な気功の先生にお越し頂いたことがありました。

その先生、とても身体が弱ってらっしゃって、
何をしても治らない、特殊な病気を抱えてらっしゃいました。

なぜ、うちのサロンにお越し頂いたのかを効いてみると、
病気を治したいから、とのことでした。


今は、あまり派手にやっていませんが、
当時のわたしは、おひとりおひとりに食べ物をひとつひとつ、
合うもの・合わないものを、身体を見てお伝えしていました。
自分の特技でもあったし、
そのことで人助けになるならと思っていたからです。

それに、合う食べ物を食べているだけで自然に元気になっていくのを見ていると、
食べ物の重要性をつくづく実感してもいました。

でも、何も考えずに、聞かれたことを教えてあげるだけでは、
マイナスに働いてしまうこともあるんだなという経験を重ねていくにつれて、
そのようなことはしなくなり、今に至ります。

もちろん、食べ物の大切さは変わりなく大切なことなんですけれども^_^


その気功の先生は、
その持病を、どこに行っても治らないと言っていました。
わたしは、治療院じゃないので治すことは出来ませんから、
先生ご自身の気功で治すことはどうなのか?と聞いてみると、
それは不可能だ、ということでした。

人の病気は治せるけれど、自分の病気は治せない、
今まで試みたけれど治らないと仰っていました。

そこで、わたしの噂を聞いて、
食べ物で合ってないものを摂ってる可能性があるなら知りたいということで、
お越しいただいたわけでした。


色々と試みても治らないということは、
治っちゃいけない理由があって、身体がバランスを取っていることもあります。


その先生とお話しているうちに、
たまねぎに関する注意事項の部分が出てきたので、
そのことをお伝えしました。

そのときの先生の返答が、びっくり仰天で、衝撃でした。

「それじゃあ、わたしの気功でタマネギを大丈夫なふうにすればいいわね!」
と、仰ったのです。


この返答を聞いて、わたしは、
この先生の病気が治らない理由がわかった気がしました。


タマネギはタマネギとして完璧です。
合うか合わないかは、身体の都合によるものでタマネギのせいではありません。

そしてわたしは、タマネギをNGとは言っていません。
ただ、調理のときに、ちょっとした注意事項があったので、それを伝えたまでなのです。

それを、自分の都合のいいように、
タマネギの性質を変えてしまう・・・

そんなマインドでは、
きっと、その先生の患者さんのトラブルなども、
バランスを一切無視して、勝手に治しているものも多そうです。


どんなことも、すべては何らかの因があって、結果として今ここに生きています。

精神的な要因かもしれないし、
食べ物かもしれないし、
いくつかの過去の人生かもしれないし、
何かによって、引き継がれてきたものかもしれないし、
きっと、原因って、ひとつじゃないんですよ。
引き金があれば、付随して、次々と出てくるものもあります。

健康状態は人生と繋がっていくから、
施術者が気をつけなければいけないことは、
相手の(ひとりの魂としての)人生の課題の中を横切ってしまう可能性もあること。

そのときに、勝手に手を入れちゃいけないこともあるんです。

その見極めを、もし間違えてしまうと、
施術によってラクになったと喜んでいただける一方で、
こちらは重大な霊的犯罪を犯したのと同じことになります。。

わたしの師匠は、そこ、徹底していた人でした。

斉藤一人さんも同じこと言いますね。
地獄に落ちている人は、落としておけばいいんだよって。
神様がそこに居なさいって言ってるんだから、居ればいいんだよって。


辛くて痛いときは、ラクになりたいですよね。
対処法も大事です。
ラクにならなければ、次に進めないですから。

だけど、本当の意味で治るときっていうのは、
他力によるものではなく、自分の内側の力によるもの・・
そこを引き出せるようにお手伝いすることが本来の姿です。

そこを伝えきれぬまま、
そのように関わることが出来ないまま、
都合のいいように身体を扱い、
同じこと繰り返して、悪化して、
また治して~~~~っていう関係になってしまうのは、
誰のためにもならないだけではなく、こちらにとってはマイナスです。


気功の先生には、そのような考え方が全くないようでした。

それどころか、三秒で治る!
みたいな奇跡の治療をやっている方でしたので、
治すことが一番大事なことのようでした。

・・・・で、そうやって生きてきて、今あなたはずっと病気なんですよね?

喉まで出かかった言葉を、わたしはぐっと飲みこみました。

今ならそれを言えますが、
当時、まだ若かったわたしは、自分よりずっと年上の先生に、
そのような言葉は言えませんでした。

でも、施術のリピートは丁寧にお断りしました。

お金の問題じゃないところで問題です。
このときに、お金を選ぶ自分じゃなくて本当に良かった。

ただでさえ、わたしも課題だらけです。
課題を克服しようと頑張っているときに、新たに課題を増やしてたまるか!
などという狭~い心が顔を出したりしますけどね。

とにかく、ひとつひとつ受け入れるしかないし、
ひとつひとつ、丁寧に生きていくことでしか見つけられないことはいっぱいあります。


今は、、、わたしもおかげさまで、元気なお客様が多くなりました(^▽^)

時代も変わって、
健康に対する認識も変わって、
わたしも少しは変化しているのかな?

課題克服についてのお話や、
勝手に手を入れてはいけない部分のお話については、
また別の機会にまとめることが出来たらいいなと思ってます。
師匠から教わってきたことが、今になって、腑に落ちることがいっぱいなのです。
何もかもが、偶然はひとつもなかったなぁと。


ボディと人生ってセットなんです。
そして、ボディケアと人生の流れも、整うのは同じで、セットなんです。

時々、わたしが仕事をお断りするときは、
手を入れちゃいけないところを頼まれるときです。
たとえば、お酒を飲むのをやめてほしいと身体が訴えているときに、
お酒を飲んでもなんとかなるように施術・・・やっちゃいけないのです。
身体に合わせることが約束だからです。