今年も前半があっという間に過ぎようとしている今日この頃、、

最近は、お客様の変化がすごいのです。

あれだけ甘いものが止められなかった人が、
スムーズに止めることが出来るようになっていたり。

また、

眠る前に自分で自分の足ツボを心がけるようにしていた人は、
気づいたら体重も、3kgくらいの減量がありました。

それを機会に、
自分に似合う体型の服を選ぶようになり、
外出することが楽しくなってきたそうです。

わたしも同じで、
チベット体操のお兄さん先生から学んだ呼吸法を
最近は真面目に続けていまして、
わたしの場合は、内臓の変化をとても感じています。
内臓の位置が正しい位置に戻っていく感覚かな。

あっ、チベット体操のお兄さん先生は、
最近は「チベ爺」という名前に改名しています。

チベ爺さんって呼んであげてくださいね・・・(笑)



とにかく、ここ最近を振り返って思うのは、
本来の道筋からズレているものがあれば、容赦なく軌道修正が入るということ。


今年から学んでいる易学でも言われていますが、
今年はとにかくしっかりと根付いておくこと。
足もとを固めておくこと。
自分の本業があるなら、徹底して集中してもいい。


じゃないと、
来年からの「水の年」で、綺麗さっぱり流されてしまうよ、と。

世間では、風の時代~って言われているけど、
風の時代の、今年は土の年だそうなので、耕すものは耕しておかないと。
浮かれてる場合じゃないのデス。


その中で、どうしてもわたしが進めずにいた部分、、、
進むためには、修正しなければいけない一点があり、それを、
修正しようとしても修正出来ずにいたことが、
今年は、じわじわと修正の軌道に乗っていくことが出来るようになったんです。


その軌道に、今までは怖くて立てなかった。

それが、、、立てるようになった。


これが令和の時の流れ方なんだなと思うと、愕然としました。

あまりにも容赦なくて。

もちろん、夏至の前に、
軌道を取り戻すことが出来て本当によかったと思っているんです。

でも、取り戻すためにしなければいけないひとつひとつが、
わたしには怖くて出来ないことが本当に多かった。

気合いだけでは無理だったことです。
精神をどれだけ鍛えても無理だったことです。
気分転換しても解決しないし、
誰かに聞いてもらったとしても、
結局は、決めるのも行動するのも自分です。


自分が軌道修正の分岐点にさしかかっていることに気づいた時、
毎日、祈りました。
無事に立ち向かうことが出来るようにと・・

立ち向かっていけるだけの備えが自分にあることがわかっていても、
なかなか動けなかったのは理由があるんです。

自分の中では、この分岐点、
まだまだ先のことだと思っていたからです。


ところが違った。

あまりにもスピードが速くて。

ボディ全体は、
出来るだけ身軽でいることが重要だったので、
自分のボディケアも本気で取り組んでいたわけです。
(それがさきほどお伝えした呼吸法です)


そして、お客様もシンクロするかのように、
今まで出来なかったことが出来るようになっていった方の多いこと多いこと・・

ひとりで生きているようでいても、ひとりじゃないんですよね、その責任って。


人生の学びはまだまだ続きます。


こちらの綺麗な写真は、岐阜公園です。
夏の仕事(富士山)が近づいてきてるため、
金華山には歩くトレーニングで最近ちょくちょくお世話になっています。

また写真などもアップしてゆきますね!