少し前の写真です。
Instagramには一足お先に投稿していたのですが、
今年の6月11日に富士山の頂上、剣ヶ峰まで行ってきました!



なんと、剣ヶ峰に立ったのは、1年9ヶ月ぶりでした!

昨年の富士山閉鎖は、わたしにとって精神的に大ダメージでしたが、
富士山閉鎖があったからこそ繋がれたご縁もあるので、
無意味なことは何ひとつなかったんですけれど・・・

やっぱり富士山は、ごちゃごちゃっとしてないと^_^

大好きな山小屋「わらじ館」の皆さんとの再会も、今からとっても楽しみです。



鳥居の裏から見る景色が大好きです。

富士山の神様は、いつもこういう景色を見ているのかーって思うと、
もっともっといろんな季節のいろんな景色を、もっともっと見たくなりますね。

今回の登山は、
富士山で毎日運動しているフジサクヤさんから、
疲れない身体の使い方を学びながら歩きました。

今までも、身体を疲れさせないように使ってきましたが、
今回違うのは、トレッキングポールを使わない状態で学びました。

これは、今後の登山のために必要な身体の準備でもあります。


一歩一歩、歩き続けながら、
少しずつ新しい使い方をインストールしていく。

歩いている間、ずっと隣で声かけていただきながら、
身体が変なふうになった時や、足の向きがおかしい時も、
その都度、その都度、声かけていただきながらの贅沢な登山でした。

苦手だった富士宮ルートが、後半からだんだんと歩きやすさを感じるようになり、
それだけでもわたしの中ではすごい変化。

やっぱり、何回も登頂している人から直接学ぶのって大事ですね。

やみくもに登頂しているのではなく、
積み上げてきた身体の使い方がちゃんとあるから。

この時点で、フジサクヤ富士山登頂257回目。
わたし、26回目。
・・・10分の1です(笑)


これまで、自分でも気づかなかったところ、、
無駄に疲労させていた部位に気づくことも出来たので、
これから少しずつ、下界(地上)でも出来ることをトレーニング続けていこうと思ってます。

わたしのスピードは、トボトボ歩行であることに変わりませんが、
今までよりも、ラクに歩けたことは確かです(^o^)



下山中に見たトワイライト。

雲の上で見る夕日。

ご来光もいいけれど、富士山の夕日はなんとも言えない、
深いところで響いてくるものがありました。

歩きながら幸せを味わっていたので、
この時間がずっと続けばいいのにと、
ポエムでも書き留めておけばよかったです。


わたしの富士山が始まったのは、2014年に離婚してからのこと。

こんな時こそ山に行こうよ!と声かけてくれた、おにいさん先生の一言が始まり。

導いてくれたすべてに感謝でいっぱいの、特別な登頂となりました。


剣ヶ峰での記念写真です。

ありがとうございました!!!

今年の富士山の開山を楽しみに、それまでしっかりと日常もこなしてゆきます!