お天気が不安定な日々が続いていますが、、、

お客様にお越し頂く時間帯になると、
なぜか雨が上がってくれたり、小降りになってくれたり。

お天道様、ありがとうございます(^▽^)/


梅雨なのか、秋なのか、
気温差も湿度差も激しくなってきていますね。

気候の影響で倒れないように、
身体の中では、全自動で自律神経が働いてくれています。
24時間ずっと・・


いつもなら、排泄や食欲に回したいエネルギーの分も、
こういう時は全身の調整のためにエネルギーを優先して使われることもある。

季節の変わり目は、
その分、いつもより少ないエネルギー量で、
日常のこと(食べる、飲む、寝る、排泄する、など)に使うことになります。


うっかりすると、疲れが取れないまま明日を迎えてしまうことになる。



わたしも、忙しさが続くと、
仕事を終了後、ふっと、いつのまにか眠ってしまうことが多々あります。


目を覚ました時、タオルが散らばっててびっくりする時があるんですよ・・笑

あー、疲れていたんだなぁわたし、と、
仕事の片付け途中だったことを思い出すわけです。


さて、こんな時こそ、足モミですよ足モミ!!!

これ、わたしの手描きの図。
たった今、描きました。

リフレクソロジー




時間もないでしょ、
とりいそぎのポイントだけでも、


とくに、親指を念入りに、
あとは生命線に通じる甲状腺の反射区や、太陽神経叢などを念入りに。


足の親指は、
指だけが大事というよりも、
その指を動かしている筋が、全身でいうところの「お腹」にあたります。
そして、親指そのものは、「脳」にあたります。

「お腹」と「脳」って、すごーーーーい繋がっています。



足裏だけでも本当は全体をやるところいっぱいあるんですが、
とりいそぎ、時間のない時は、指先と湧泉(ゆうせん)だけでも刺激しておくと、
疲労の抜け道が作られやすくなります。


毎日、外を歩けたら一番いいんでしょうけど、
ふだん運動しない人が、いきなり暑い中で頑張るべきじゃないし、
様々な事情で歩けない人もいらっしゃいます。

でも、足モミなら、
歩いたのと同じくらいの血流を保てるようになるので、
歩けない人ほど、歩かない人ほど、足モミ、楽しんで頂きたいなぁと思いますね。



湧泉に刺激をあたえる時は、
息を吐きながら、吐く息が指先を通って湧泉に流れていくイメージで。
息を吐く時間が20秒なら、20秒ずっと刺激したままに。

自分の呼吸に合わせて刺激をしてみてくださいね。

そして大切なのは、刺激をあたえている間ではなく、
手を離すときなんです。
ほぐれていくかどうかは、施術よりも、どのように施術を終えるかにかかっています。
このあたりのことは、個人レッスンなどで直接お伝えしてます^_^