アロマに関わるようになって、20年以上になりますが、
お気に入りの精油も色々とありますが、
一番出番が多いのは、わたしの場合はラベンダーです^_^

施術で精油を使う時に、ブレンド内容に加わることが多いですが、
登山中も実は持ち歩いています。

富士山の登山道で虫に刺されることはありませんが、
地元の低山は、まだまだ虫が活発。

ふとした時に、気づけば、やられてしまって、、、

かゆーーーーい!!!


虫よけスプレーを忘れることあっても、
ラベンダーだけは忘れずに持っていることの多いわたし。

蚊に刺された時は、すぐにその部位に、ラベンダーを原液のまま塗布します。

瞬時に痒みが消えるので快適なんです。


(注:通常、精油を原液のまま使うことはあまりオススメしていません。)




それから、富士山の山小屋に滞在中は、
お風呂に入ることは出来ませんし(お風呂ないです)、
洗顔も出来ません。

そこで、わたしは、ジップロックにお湯を少しだけ注ぎ、
その中にラベンダーを数滴垂らして、
その中に手拭いを入れて、ホットタオルを作り、それで身体を拭いていました。

お湯だけで拭き取るよりも、
ラベンダーを加えたお湯で拭き取るほうが、
疲れた身体がとてもほぐれて・・・

筋肉への沈静作用がうまく働いてくれてたんじゃないかと思ってます。


ラベンダーの効果効能として、
リラックス作用、
安眠作用、
が、代表的かもしれませんが、

実は、

筋肉を緩め、けいれんを抑える作用もあると言われています。


わたしは、
虫刺されだけじゃなく、顔に突然でてきた吹き出物に対しても、
そのタイミングで塗布しています。
長引かずに肌が回復することも多いなーと感じています。

ただ、吹き出物は内臓の負担と直結していることが多いと感じるので、
ラベンダーでのお手入れは、とりいそぎの対処法です。
長引かせて皮膚に残らないようにするためにも、急ぎで対処しますが、
根本はまた別に対応が必要と思っています。



あとは・・・

好みの香りナンバーワンじゃなくても、
ラベンダーをわたしが安心して使っている理由はもうひとつあり・・

吸収したラベンダーが、身体から出ていくスピードが速いこと。
なんです。

いつまでも身体に残らない。
居座らない。

精油によっては、ゆっくりと時間をかけて身体を巡っていくものもあるんです。

そのゆっくりに合わせて、
身体もゆっくり休めてあげることが出来ればいいのですが、
日常では残念ながらそこまでゆっくり出来る日も少ないので・・^_^

ラベンダー



あと、お客様には、何度もお伝えしていることですが、
アロマの精油は、効果効能だけで選ばずに、
香りもきちんと確認しましょうね。

香りがイマイチと感じる時や、
嗅いでる途中で嫌になる時は、
使わないほうがいいです^_^

気に入ってる香りでも、
長時間使用しているうちに変わっていくものもあるので、
使いながら観察しているといいですね・・・!