お客様と話していると、面白い・・・笑

ご主人様とのエピソードがね。

ご主人様、自分が食べたいお菓子を買ってくるそう。
食べたくて買ったんだから、自分で食べればいいのに、
一緒に食べようって言う。
断ると、すねる。


(笑))))))


ご主人様、ひとりで食べるのは、寂しいのだそうです(^^ゞ

食べたいものは、奥様と一緒に食べたいのですね。


奥様のほうは、、、ドクターストップもあり、
食べ物にいくつかの制限があります。
でも、それを実践しているおかげで、どんどん治ってきてるので、
真剣に自分のからだと向き合っている最中なんですね。

以前よりも、体重もサイズも落ちてきて、
施術にお越し頂いても、からだ全体が安定しているとわたしも感じているところです。


その最中でありながらも、
「少しだったら大丈夫かなぁ」と、
やっぱり食べ物を出してくるご主人様。

ぴしゃりとお断りしている奥様。

これが毎晩続くのよー!
勘弁してー!

って。





太っていた時は、それをネタに口うるさかったそうですが、
痩せたら痩せたで、心配になるようで、
色々と、あれ食べようこれ食べようと、言ってくるのだそうです。


ご主人様は、家では奥様と一緒が安心のようです。


奥様は、仕事もあり、家事もして、親の世話もして、
あっという間に1日が終わり、眠くても、眠るのもったいないのね、
人のために使う時間だけじゃなく、
自分のために使う時間も欲しいから。
ささやかな自分時間を誰にも邪魔されたくないわけです。

食べ物も、決して我慢してるというわけではなく、
食べたいものも、自分のタイミングで食べたいと思うから、
ご主人様にも、そうしてほしいようです(^^ゞ



奥様のペースを乱す(本人はそのつもり一切ない)ご主人様。
そして、なんだかんだと、奥様に逆らうことのないご主人様。


奥様が自分の意思をしっかり持っていることで、
うまくいってるんだなぁと思いました。

これ、ご主人様の提案をすべて受け入れていたら、
バランス崩れるんだろうなぁ。


わがままを押し通すとかじゃなくてね。
優しさや思いやりの表現も、いろんな形があるんだってことを忘れたくないと思いました。