お彼岸といえば・・・

思い出すことがあります。

すごく嫌なことですから、
本当ならば、わたしの意識の外側に出て行って頂きたい思い出です。


というわけなので、

意識の外に、
出て行って頂きたい!

と思っていること自体が、意識の中に迎え入れているということ・・笑


ふだん忘れていることのほうが多いのに、
意識の中に入っているものだから、
思い出させるような出来事が発生したり、
そのことに関する関係者さんと関わる時間が長くなったり、
なんやかんやと、続くわけなのです。


そのたびに、思い出してしまうことで、
わたしの意識の中に入り込み、
その分、思い出したくないそれは、
どんどんパワーアップしてしまうということ。



春分、夏至、秋分、冬至、
という、大事な4つの区切りの時に、
必ずといっていいほど、
しつこく、
わたしの中にへばりついてくる、それは、

だいぶ和らいでいるものの、まだあるのかー!!!!と。

今回は、いい加減、完了させようと静かな決意をしていました。


今までは、意識の横におくような感覚で扱ってきましたが、
今年はそれをやめてみました。


「あら。またまた、おいでなすったのですね・・・♪」と、
ハグしてあげることにしました。


消そうとしても消えないものは、
迎え入れて抱きしめてあげようと思ったのです。


その結果。


わたしの体力(のようなもの)が、グンっと上がった体感がありました。


やはり、相手のせいではなかった。

自分の中の一部に問題があり、それを、
相手を通して見せてくれていた(気づかせてくれていた)のだと思いました。


一体これは何の話かと思われているかもしれませんが、
今年のうちに、わたしの中で、完了しておきたいことのひとつでした。


それでもまた、何かのきっかけで、
思い出すことも出てくることと思います。

それでも、今回味わった体感、
体力がグンっと上がった体感のおかげで、
いずれ時間が解決してくれるという確信に変わりました。

あ、一歩でも前進してるなってわかっただけで、
なんなんでしょう、この気分の良さは!(^o^)



こういうことって、
言葉にしてしまうと、あっけないことだけど、

精神力だけではこのようなハグはできないし、
気合いをいれたポジティブ思考もなんか違いますね。


ここ数日、自分のボディケアを続けていたおかげもあります。

ボディが固く凝り固まったままだと、
意識の中でこのようなことはできないからです。

ボディケアは基本中の基本だなと改めて実感しました^_^