豊川にあります本宮山に、時々、トレーニングに出かけています。

富士山シーズン中は、ほとんど行けずにいましたが、
この秋は、ちょくちょく出向いていました。

新しいからだの使い方を実践中なので、
ひとり黙々と歩き続けていますが、
今まで使ってこなかった筋肉が使われていくことによる痛みに対応しながら、
毎回、自分のからだに大発見があります。


で、ひょんなことで痛みが取れていくと、
それがどのようにして取れていったのかを知りたくなるので、
また観察をしていくわけです。

痛みにもいろんな段階があって、
レベル10をMAXだとしたら、
0になることもありますし、2か3くらいでおさまっていることもあります。


痛いからといって動けなくなることはなく、
動ける状態なら、動きながら治してみるという実験でもあります。

やりすぎて失敗もありますし、
急激に筋力が落ちてしまう波も時々あります。

その一方で、
この夏、ときどき不調を感じていた喉の筋肉は、
ずいぶんリラックスするようになりました。


そしてね。

トータルして欠かせないと感じているのは、やっぱり足もみ。


使った分は、しっかりほぐして、
その日の疲れはその日のうちに解放させておく。

何もしないでいた時と、
ちゃんと出来た時では、
翌日のコンディションが全然違ってます。



少しずつの継続がなんとか出来ています。

面倒な時もあるんですが、なんとか出来ています。


そのためにも
大事にしている心構えがあります。

それは、「とりあえず行動」という気持ち。


仕事が終わって、
さぁトレーニングに出かけましょうと言われても、
正直、疲れてヘトヘトで、トレーニングなんか出来ません状態な時もあるんですが、
出来なくてもいいから、とりあえず外に出て、からだを動かしてみる、

という、

とりあえず行動、

という気持ちを、いまとても大事にしています。


動いているうちに、そのままトレーニングのリズムがついてくることもありますし、
動いてみた結果、やっぱりきょうは休んだほうがいいということもありますので、
どっちにしても、動いてから出した結論は、
自分も納得していて綺麗さっぱりしてるんです。

やらなきゃと思いながらやれなかったとか、
面倒だからといって面倒なまま何もしないでいても、
自分の気持ちは綺麗さっぱりにならないんです。


日常の中でね、
どんな小さなことでも、すっきりしないことを抱えているのなら、
そこ、ちゃんと自分で自分のこと見たほうがいい。

どうすれば綺麗さっぱりな状態でいられる?って考えて、
その状態に近づくための行動するとしたらどんな行動??って考えて、
一歩でも、一ミリでも、何かしてみる。


いつもよりも一ミリ多く。


いつもよりも一歩だけ多く。


結局、人生って、
1日の積み重ねの連続のことなので、
1日が綺麗さっぱりになってないのって、
死んでからも綺麗さっぱりに逝けないと思って。


日常の中で、
綺麗さっぱりしてないことって何?

日常の中で、
いつも我慢していることは何?

チェックしてみましょ。


出来る限り、行動したけど、
それでも結果が出ない時はそれは【試練】なのかもしれないけど、

行動もしないで、結果も期待しないのは、
ただの【我慢】だと思うから。


今の自分の気持ちを、出来るだけ行動に移してみる。

なかなか楽しい修行です・・・(^o^)