どこへ出かけても、賑わっているし、
コロナのニュースも以前よりも少なくなってきましたね。

ワクチン接種証明があれば、
カンボジアも11月15日からは入国後の隔離なしで行けるようになるようです。

とはいえ、日本国内では、
マスク着用の文化はこれからも続くでしょうし、
検温も今となってはどこへ行くにも入店前のセレモニーのようになってしまってる。


最近は、モニター画面みたいなのがあって、
そこに顔を合わせるだけで検温できるので便利です。

正確に検温出来るかどうかは別の話・・笑
スムーズに入店出来るかどうかが大事なので。


検温といえば、
ピストルみたいなやつで、額に向けてくるやつ、
あれ、わたし、大嫌いなんですよ。

額ですよ。

脳ですよ。

松果体ですよ。

わたしが呼吸法を行う時に、使っている場所ですよ。


ピストル向けられたとたんに、
窒息する感じ、あるんですよ。

ほんとに窒息するんじゃないかと思う。

すごい不快。


なので、出来るだけ自分の手首を差し出し、
手首で検温していただくようにお願いしています。

でもそれをお願いすることすら出来ないお店が時々あります。

何も言わずに、
いきなり額に向けてくる店員さんがたまにいらっしゃるんですよね。

普通なんだろうなぁ。


松果体を粗末に扱っていると、
自分からのしっぺ返しもあとから大きく出てくると思います。

今はこれしか言えない。
そのうち話します。