最近は、久しぶりにマンサンダル履いています。
これを履きながら、お客様の施術をしています。

サンダルなのに、裸足なんです。

裸足で歩いてるのと同じような筋の使い方が出来るサンダルなんです。

んじゃ、最初っから裸足でも良いんじゃない?って思いますが
裸足以上に良い!
と感じている理由がひとつあります。


それは、足の癖がよくわかるから。

膝がまっすぐになっていれば、
足裏にもサンダルが同じ向きでしっかりとフィットしてますが、

膝に変な癖があると、
足裏の向きが、サンダルから少しだけはみ出ている・・・

ということに気づき、
これは裸足になっていたら気付けない!!!

サンダルのどの部分に足裏の重心がかかっているのか、
サンダルを履いているほうがよくわかる上に、
裸足と同じ筋の使い方が出来るので、
改めてマンサンダルの凄さを実感しています。


室内で動き回ってるだけなのに、
お腹や腰をちゃんと使ってる感。

外で、靴を履いて歩いている時は、
足を使って歩いているというよりも、靴が歩いている感じなんですよね。

で、どれだけ歩いても疲れない靴なので、
筋肉を正しく使えていなくても問題ない靴が多いですよね。

でも、本当はそうじゃない。

筋肉は使わなきゃいけないし、
使われなければ弱くなってしまいます。

歩いても疲れない靴じゃなくて、
疲れない歩き方が出来るようにならなきゃと思うんです。

マンサンダル履いて歩いていると、
足を足だけで動かすのではなく、
お腹や腰を使っていることがとても実感出来るので、
しばらく続けていこうと思います。


1月の三輪山登拝はこれで歩いてみようかしら・・・