湿度の高い時の冷えと、
湿度の低い時の冷えは、
全然違いますね~

寒いわけじゃないから、
冷えてる実感もないくらいの時があります。

でも実際には、
皮膚や筋肉の水分が、どんどん体外に抜けていきやすい気候なので、

乾燥による冷え、
乾燥による痙り、
乾燥による頭痛なども、
ちらほら目立ってきているように感じます。


水分が足りないから、じゃあ水をいっぱい飲みましょうっていう問題じゃなくて、
(胃袋にも限界ありますから)

ユミコサロンでの対応策は、
空気中の水分を維持させることをおすすめしてます。
つまり、加湿器。

皮膚から水分摂取出来るようにするというもの。


ここ数年の乾燥の異常さは、
わたしたちが若い頃とはまったく違うレベル。

老化によるものだってあるだろうに、
細胞ひとつひとつの水分量が減っているような感じが、
年代関係なく起きているような感じが、施術してても感じます。

脳や心臓への負担の度合いが、昔とは違うような・・

だから、飲んですぐに出て行くような水分じゃなくて、
空気全体から、全身全体へ、水分をお届け出来るような方法のほうがいい。


急に、
背中が痙った!とか、
関節の動きが鈍いです!とか、

そういうのも、気温低下よりも湿度低下の時のほうが目立つように感じます。


単純に、
水分を取り戻すだけで、
意外とあっさりと、
解決しちゃうことも多かったりします。


飲む水分も大事ですが、
皮膚からの摂取として、
お風呂にゆっくり入るのも良いですし、
加湿器を利用するのも良いと思います。


あと、健康食品やホッカイロなど、
血流を良くするものは、それだけ体内の水分も使いこむことになりますので、
湿度の低い時期には、そういうものを利用した時は、
いつも以上の水分を必要とする状態になっていることも忘れないほうがいいと思います。



北投石ブレスレットもね(^o^)
水分が必要です、、、というか水分との相性が抜群なのです。


少し前から、肩が痛かったので、
8ミリサイズを2個、久しぶりに手首につけていたら、
数時間後には痛みが気にならないレベルにまで回復しました。

いつもはお腹とか見えないところに着用しているのですが、
いざという時は手首はやっぱりいいですね。

この過程の中で、気をつけていたのは、やはり水分摂取です。

梅雨時期などで、身体の水分量が増えている時はいいんですけど、
今はそうじゃないので^_^

バランス、大事にしましょうね。


北投石ブレスレット、
ユミコサロンでも好評発売中です。