おかげさまで花粉がよくわからない。
心からありがたいことです。

たまに目が痒いこともあるけど、
外出できないレベルじゃないし、
薬を必要とするわけでもなく。

2011年の3月にアレルギーを発症する前までは、
アレルギーがどれほど恐ろしいものなのかを、
知らなかった。

知識としてわかっていたけどね。
所詮、知識。

カラダで味わってみて初めてわかることがある。

どんな気持ちになるのか、
どんな言葉に傷つくのか、
本当によくわかったから。

春になるたびに
当たり前に花粉と戦うことはまっぴらだと思ったので
本気で治そうと思ったことがあるんです。

そのたびに
あれこれさまざまな情報を頂きましたが
アレルギーで体力落としてる間は
健康のためであっても
何かするためのエネルギーなどこれっぽちもありません。

根本から解決しようなんて
気の遠くなることも
このスケジュールでは無理。

無事に毎日を生ききることで精一杯。

というわけで。

結論として
いま症状が出なくても、
治ったものと思ってないし、
克服したと思ってないし、
そもそも最初から戦っていない。

わたしの基本姿勢は「逃げるが勝ち」です。

アレルギー検査をして
自分のカラダに負担のかかっているものを
食生活から外しただけなの。

それがわたしにとっては
「浄水器を通した水」と「味噌」でした。

どちらも好きなものですが
厳しい環境がやってくる前にコントロールして
調整し続けているだけなんです。

調整するだけでラクになるならそれでいいので^_^

薬を飲むより良いと思って。

夏には夏の過ごし方、
冬には冬の過ごし方、
花粉には花粉の過ごし方がある、
という感じで淡々と。

季節が異常だから
カラダにもその都度必要な対応で。

これからも戦いません^_^