先日、お客様の足を施術していて・・・
右側だけがどうしてもほぐれにくくてね。

ほぐれにくさって、色々あるんです。
純粋に筋肉を使い過ぎて、筋肉が張ってるような時は
優しく優しくクールダウンが必要です。

でも、食べ過ぎや寝不足などで、
内臓が疲れすぎてることによる足のコリだったら、
ちょっと深めに、お腹の中に蓄積しているあれこれをスムーズに出せるように
施してゆきます。

でも、
これらに当てはまらないような、ほぐれにくさもあるんです。

神経が頑張ってしまってる時のような固さだったり。

自律神経が頑張ってる時は、カラダのほうはもうぐったりで、
寝れば治るってもんじゃなくて、
眠ることすら出来ないんですよねぇ。。

病院行ってもどこも悪くないのに、いつも疲れているのです。

こういう時は、ほぐそうとすると、
カラダから抵抗がありますので、
その抵抗と心を通わせながら(会議しながら)、施術を展開してゆきます。

あとは、強い薬を一時的に飲んだ後などに見かけますが、
カラダで分解しきれないものが筋肉に残ってるかのような「何か」も。

これは固いというよりも、
骨格にへばりついてしまっています。

へばりつきはもう、一枚一枚剥がすのみ。

こんな感じで、老廃物にも様々な表情があり、様々な事情がありますので、
お客様の体力や状況に配慮しながら施術してゆきます。

やはりね、コリが融けてくれると、
それだけでパフォーマンス上がるから!

いつもより喋りやすい、
いつもより動きやすい、
いつもより集中している、
いつもより楽しく生きてる、
いつもより家事もはかどる、
いつもよりタイミングが良くなるetc.

実は、先日の右側だけほぐしにくいお客様の足の状態が、
ひとつの足の中に、爪先はクールダウンしたほうが良さそうな熱があり、
ふくらはぎには剥がした方が良いものもあり、
ごちゃまぜ状態になっていたんですね。

そこで、オイルをすぐに使い分けました。

うちの施術は、
特にこれといった難しい技術を使ってるわけじゃありません。
誰でも出来ることばかりです。

それなのに、ドンピシャな作用感を感じるのは、
どのように施すの?っていう見極めの部分なのかもしれません。

お客様との関わりから気づかせて頂いたことが、
いつもわたしの施術を支えてくれています。

アロマ