これは強烈な事件でした。
特別養護老人ホームで、ドーナツを食べた入所者の方が窒息死された事件で、
担当していた准看護師が有罪判決を受けたというニュース。

この判決に対して、署名活動も行われてたようですが、
真実はわたしにはわかりません。

嚥下に問題なければ、
担当がどなたであってもドーナツは配っていたと思うし。

ニュースを読む限りでは、
ふだんから口の中に物を詰めこむ癖のある入所者さんだったそうなので、
おやつはゼリーにしてくださいという変更もあったのに、
それを確認してなかったための事故とも言われています。

死者が出たという事実は重いです。

ただ、、、

わたしがショックだったのは、
その責任が、組織ではなく個人にかかったということ。

代表、何やってんの?って思いました。

ひとりで大勢を管理しなければいけない環境の中で、
注意を怠ることなく完璧に介護しなければいけない環境の中で、
何事がなくても厳しい現実があるのに、

何かあったときに、組織は守ってくれず、
個人で戦わなければいけない。

食事の介助、誰もしなくなっちゃいそうです。

それにこのニュース、
ドーナツを喉に詰まらせて、
1ヶ月後に死亡となっています。

1ヶ月・・・???

なんか色々なことが変だなと思いました。

自力で嚥下出来る人であっても、
安全のために、全員チューブにすることが正解なのでしょうか。

ただでさえ、人手不足と聞いてますが、
こんな判決出たらもっと人が居なくなってしまいそうですね。。。

うちには医療関係のお客様もとても多いですし、
介護職員の方もいらっしゃいます。

こういう話題は、他人事じゃないです。

きちんとしたお給料と、
きちんとしたお休みだけでもあれば・・・という声もよく聞きます。

いろんなことが歪んでいる。

容赦なく、生きる現場は毎日毎日目の前に現れてきます。

わたしに出来ることって何だろうって考えてしまいました。

世の中の仕組みや、おかしな法律に対して、
愚痴っても始まらないわけで・・

話は変わりますが、
先日、「舌を鍛えておきましょう」という記事を書きました。

これによって、ストローが大活躍!

心友ふみちゃんのところにもストローが渡りました。

そして、嚥下大会の写真を送ってくれました(笑)

6ミリの細さのストローを
30cmにカットして
30ccの水を
30秒以内に飲むという訓練です。

嚥下に必要な筋力を育ててくれるエクササイズなのです。
これによって声が安定するのもありがたい効果です。

嚥下

歯科衛生士さんは、さすが早いです!
日頃の口腔内のケアや訓練が、素人とは違う。
35秒で飲み終わりました\(◎o◎)/!

みなさまで楽しんで頂いて、ありがとうございます!