さっき、お客様と蒸しパンのお話になりました。

「蒸しパン食べると、唾液が乾いていかない?
水分の多いパンは要注意だよね。」

「乾く乾く!」

これ、体質の違いなんです。

普通のパンよりも、蒸しパンのほうが
唾液が出やすい人もいますので、
体質によって違います。

パンがいい、お米がいいというお話じゃなくて、
どんなパンが自分のカラダに優しいのってことであり、
どんなお米が自分のカラダに優しいのってことです。

「わたしは、お刺身食べると唾液が減るの。」

「えー!!」

「お肉ならヨダレ出るんですけどね~」

「みんな違うんですよねぇ。」

品数の多い時代に、わたしたちは生きています。

何を食べても美味しいから、
美味しさだけではわからないことが、
カラダの反応から気づいていくことが出来るんです。

唾液が出やすいかどうかも、そのひとつ^_^

わたしもおかげさまで体力が上がっていて、
昔よりも、いろいろと、もりもり食べています。

でも、仕事が忙しくて体力キープがギリギリの時は、
唾液を減らすような食材や調理法は避けています。バランスね。

「正しく噛んでないから唾液が出ない」っていう唾液の出なさと、
「合ってるものを食べてないことで唾液が出ない」もあると感じてます。

調理方法を変えただけで、スムーズに唾液が出るようになった例は沢山あります。
たとえば、調理に使用する油を、
オリーブオイルじゃなくて、グレープシードオイルに変えただけで唾液量が増えた!
というケースもあります。

本当に、こればっかりは、人それぞれ。

小さな個人サロンをずっと続けてきて、
体質に合わせた対応をするのは、わたしにとっては命と同じくらい大事なこと。

施術に使用するオイルでも、
合う人には使うけど、合わない人には使わない。
合う物を見つけて使用する。

わたしにとっては普通のことであり大事なことであり、
簡単なことであり難しい側面もあります。

むかし取り扱ってた商品の社長さんに
こんなふうに言われた事があるんですよ、

「うちはこれを使って施術してます!」って
バーンと出したらいいじゃないのー!!!って。

その商品に興味持ったお客様が集まりやすいと思うし、
商品に合わないお客様はうちでは対応出来ませんということで、
仕事がシンプルになっていくので、稼ぎやすい方法だなとも思いました。
スタッフを増やす時も、そのほうが再現性があって拡大もラクでしょうし。。

でもわたしの基本は
「商品に沿う」のではなく「お客様に沿う」なのです。

お客様とのご縁のほうがはるかに大事なこと。

商品なんて、いつ廃盤になるかわからない。
時代も、どんどん変わっていく。

でも、お客様との関わりは、
形が変わっても、場所が変わっても、
ご縁が続く方とはずっと続くんです。

だからわたしも、
売り手ポジションだけで何かを語ることはしたくない。

お客様の悩み事にお答えすることが、
商品に沿うだけの立場からの対応ではなくて。

もちろんお勧めのものがあれば、問答無用で目の前に置いちゃうこともありますよ。
本当にお勧めのものだからね。
買う買わないはお客様の自由ですし。

気に入って、ずーーーーっと仕入れ続けているオイルやクリームもありますし。

売れなきゃ続けていけませんし。

でも前提にあるのは、そこじゃない。

お客様のためにならないことは、わたしのためにもならないということ。

お金を稼ぐことは大事だけど、
どのように稼ぐのかはもっと大事なことだから。

今、毎晩続けている作業の中に、
これまで自分が取り組んできたことを、
棚卸しするかのような総まとめ作業があるんですけど、
個人サロンって面白いなぁって、改めて感じています。

そして、なんてありがたいことかと。

わたしを育ててくれたのは、お客様です^_^

桜~♪