先日、友人とお話していた時のこと。

「病は気から」っていうお話。

これ、確かに事実だと思うんですが、
その解釈は、本当にそれぞれだなぁ・・・って話になったんです。

辛い時には、辛いと言えるほうが、わたしには自然なこと。
その上で「病は気から」だと思っています。

雨が降ったら傘を差すでしょう。
そうすることで、雨で体を冷やさないで済みます。
わざわざ気持ちを強く持って、雨に打たれる必要はないからです。

お部屋が寒くなったら暖房を入れるでしょう。
そうすることで、体を冷やさないで済みます。
わざわざ気合いを入れて、寒さを我慢する必要はないからです。

以前、潜在意識開発関係の方々とお話していた時に、
食べ物のお話になった時にね、
「感謝して食べれば、食べ物の悩みはひとつもなくなりますよ。」と、
その方はおっしゃいました。
それで良い結果が出るのなら、それでいいと思います。

わたしは違いました。
感謝して食べないこともよくある。
克服しなくてもいいものは、わざわざ克服しなくてもいいと思っている。

それよりも、自分の限界を知っていて、
その限界をカバー出来る対応があるなら、そのほうが平和。

理由があって、今のカラダなのですから、
そこを無視して、気の持ちようだけを一人歩きさせてもストレスなんです。

どんな時でも、わたしは状況に合わせて自分を整える選択をしてきました。

例えば
休日のわたしは、好きなものを好きなだけ食べていますが、
施術前は、施術に適したコンディションを最優先していますので、
消化に負担かかるものは食べないようにしています。
「そのほうが良い施術が出来るから」と実感しているからです。

これも、雨が降ったら傘をさすのと同じ感覚で、
わたしには自然なことなんです。

ここに「気の持ちよう」という気合いは、わたしには必要ない。

人によっては、そうじゃない人もいらっしゃると思います。
がっつり食べたほうが良い仕事が出来る人は、そうすればいい。

わたしは、暑くなったら暑さを感じたい。
そこで、じゃどうするか?って工夫をしていきたい。

寒くなったら寒さを感じたい。
そこで、じゃどうするか?って工夫をしていきたい。

満腹の時は満腹を感じたい。
その時、その時を、味わいたい。

生きるって、そういうことだと思っているから。

人間として生きるということは、地球の一部でもあるわけだから。
季節に応じた対策とボディケアは、生きることそのものと直結してます。

ここ数年、不安定な異常気象が続いていますが、
過去の安定した春夏秋冬は、きっともう来ない。

いま生まれているベビー達は、
この異常気象を普通のこととして、これから先を生きていくはず。

わたしも、この不安定さの中で、自分に必要なことに気付き、対応していく、
それが一番平和で自然だと思っています。

気象が少しずつ変わっているからね、
カラダも少しずつ変わっていっても不思議じゃないです。

今の自分に(今の時代に)合った形で。
「前はこうだったのに!」は、ナシでね、前進してゆきましょう。