お客様が経営されてる果樹園へ行ってきました。
飛騨高山にあります、宇次原果樹園さんまで。

かれこれとっても長いお付き合いなのに、
わたしが飛騨高山にお邪魔したのは今回が初めて。

いつもこんな遠くから来てくださってたんだなぁと思うと、
本当にありがたくて。

早朝の快速に乗って、名古屋からは特急ワイドビューひだ1号に乗り換え、
車窓からだんだんと山が深まっていく風景を眺めながら・・・

ちょうど、桜の見頃だったんです。

山の桜はとってもパワフル!

樹齢1100年の臥龍桜の前で、記念写真を撮ってきました。
ふたりでとっさに決めたポーズです(笑)

臥龍桜

さて、宇次原果樹園さんといえば、
リンゴでとっても有名です。
すべて蜜が入っているので、
火を通したり、お菓子に加工したりせず、
生のまま食べて頂くのがお勧めです。

そしてわたしのお気に入りは、日本みつばちの百花蜜!!!

日本みつばち百花蜜

これ、本当に美味しいです。

そのへんで売られている蜂蜜も時々食べますが、
わたしはあまり甘いものを食べると、
頭にカーンって何かがひっかかるような重さを感じる時があるんですが、

宇次原果樹園さんの蜂蜜に限っては、
そんなことひとつもなく、カラダへの負担をほとんど感じないのです。

お砂糖を入れて珈琲を飲みたい気分の時にも、
お砂糖のかわりに、この蜂蜜を使って頂けると、
珈琲の味を邪魔せずに、飲みやすい味に変わります。

果樹園さんの中に、蜂の巣がありましたが、
巣箱はすべて重箱タイプ!

五重塔のように果樹園の真ん中に君臨していた巣箱は、
とても存在感がありました。(写真撮ってなくて残念!)

また、
採取法も、人工的に搾らないそうです。

自然に垂れてくるのを待ってからの、垂れ蜜による採取なんです。

だからこそ負担がないのかな?
水でも野菜でも、無理に何かを加えているものって
カラダの中に馴染まないものが残るんですよね。。何かが残る。

宇次原果樹園さんの蜂蜜は、本当に残らないから。
綺麗に代謝出来る感じがとても心地良いのです。

蜂のことはわたしはあまり詳しくありませんが、
日本ミツバチって、西洋ミツバチと違って、
野山に自然に生息していて、小さいし、
家畜のための蜂ではないので、集める蜜量も少ないのが特徴だそう。
はちみつは「幻のはちみつ」と言われているそうです。

山野の様々な花から蜜を集めるため、
年に一度しか採蜜しないため、
「百花蜜」と呼ばれているそう。

もちろん、味も様々。

これがわたしには最高に嬉しい。
みつ源花名が「季節の山野草」ですもの。すごく嬉しい。

その年の、季節の動きや気象の条件によって変わるからこそ安心。
余計な手を加えていないという安心感^_^

宇次原果樹園

今回、ご自宅のほうにも招いて頂き、
とても広い屋敷でこれまたびっくり(°0°)

自転車の練習が出来るほどの広いリビングもありましたし、
天井からはブランコが下がっていて、
天井の近くのロフトにはおしゃれな茶室があって、
茶室からはリビングを見渡せるという・・

一体お部屋いくつあるんですかー。

北アルプスも近いので、
登山の時には基地にしてねと言って頂き、、、

とってもありがたい言葉に、感謝でいっぱいになりました。
貴重な時間をありがとうございました。

リンゴの時期は9月から11月頃です。

以前、ユミコサロンご飯会の時にも、
リンゴをたくさん送って頂いて、
種類別の食べ比べ祭りをやったことがありましたね^_^

どれもこれも美味しいので、是非おすすめです。

宇次原果樹園さんのWebサイトはこちらへ→GO