お客様への個人レッスンの中で、
「心」はちょっと横に置いといてね。ってお伝えしたことがあります。

小さな挑戦の積み重ね。

ダイエットもそうでしょうし、
禁煙もそうなのかもしれませんし、
何かに自己投資するときも、
誰かのための何かに取り組んでいる時も。

その結果が、良くても悪くても、
挑戦過程の中には学びがいっぱいあります。

体験を積んだ分だけ、世界も広がっていきます。

けど、心は邪魔をするんですよ(笑)

不安とか、心配とか、ちょっとした感情がすごく大きくなってね。
心に左右されてしまうと、
せっかくの挑戦も色褪せてしまい、
だんだんわからなくなってしまいます。

本当はもっと突き進みたいのにっていう本当の願いが
埋もれてしまう。

心はいつも「安定した状態」を求めていて、
不安定を嫌うものです。

不安定は良くないことなのか、
世間の自己啓発系カウンセリングやセミナーでは、
心をとてもとても大切に扱い、
不安定がどんどん安定してゆきますね。

その結果、
せっかく挑戦したい!という気持ちが引き出されるかもしれない時に、
その気持ちを、そのエネルギーを、ゼロにされちゃうことも度々あります。

何度もゼロを繰り返し、
いつまでたってもゼロのままだから、
こうやって心が不安定になって教えてくれているのに、
あっという間にまたゼロにされてしまう。

その繰り返し、もうやめませんか?って
そのときの個人レッスンで提案したことがあったんです。

怖くていいし、
不安でいいし、
心配でもいいので、

それらをわざわざ安心させるようにしなくていいし、
わざわざ偽ポジティブで打ち消さなくていいので、

心をちょっとだけ横に置いておくだけでいいから、

横に置いてね、

前に進めーーーー!!!!!

ってことを、わたしは、あるお客様に、ずっと伝え続けていました。

だって、
心では人のことばっかりもうやりたくないって言ってても、
もっとその奥の内側では、
(きっと魂の輪郭に触れる領域なのだと思います)
人の役に立ちたいって言ってるんです。

人ともっと関わりたい、
人にもっと喜んで頂きたい、
もっと成長したい、

なんか、そういう叫びのようなものがね、
カラダから伝わってきていたから。

心はちょっと横に置いて。

富士登山の時と同じ。
雨の中を出発しても、
雲をくぐり抜けたら、青空が広がって、
雲の上では虹が広がっている時もある。

それと同じように、
感情の雲を抜けてみると、
だんだんわかってくるものがあるんです。

怒りであれ、
悲しみであれ、
愚痴が止まらない時であれ、
感情は感情だけで終わってないんです。
その奥に、もうひとつあるんです。

本当の自分の願いに触れることの出来る、素晴らしい世界が。

心なんて、コロコロ変わるもの。

バランス取れないものです。

そういうものだと思って、
心を自分で扱ってあげてみませんかというお話であって、
安定するまでどうにかしようというお話ではなくてね。

心だって、大切なエネルギー。

横に置いた不安や心配は、
決して不要物ではありません。

だけど、振り回される必要はないものです。

ボディの施術をしていて、
これまで沢山の自然治癒を目の当たりにしてきて思うのは、
何かから回復する時には、莫大なエネルギーを使うんだなってこと。

とにかく大きなエネルギーが必要になるんです。

そのときに、
ちょっと横に置いて保存しておいた心が、
まさに、そのときに、莫大なエネルギーになってくれることもあるんです。

それなのに
いちいち心に振り回されて、消費していたら、
いざって時に、残ってないのね、エネルギーが。

逆もあり。

楽しくて、大きく喜んで、テンション上がって、
ひとりになったとたんになんだか落ち込むっていう時もまさにこんな感じ。

だから、
好きなことだけ追いかけてたり、
ワクワクすることだけやってたら、
体力は少しずつ落ちてきてしまいます。

これではいつまでたってもゼロのままで、前に進めない。

だから、心をちょっと横に置いて進んでみてね。って、
ずっとずっとそのお客様には伝え続けていました。

あれから1年。
2年近く過ぎたかな?

当時の「横に置いてね」とか
「前に進めぇーーー!!!」が、とても懐かしいです。

今ではそのお客様、
自分の特技を使って、周囲の人達を喜ばすことをいつも考えています。

横に置いているのは心だけじゃなく、
持病も横に置いて活動するようになりました。

決して治ったわけじゃないのに、
極端に調子を崩すことも少なくなり、
カラダが動きやすくなる体感を何度も味わっていらっしゃる。

たまに不調があっても、
落ち着いて自分で自分を観察し、
自分に必要なことを自分に与えていらっしゃる。

そうやって少しずつ、自分の人生を受け入れている姿を見せて頂いて、
今度はわたしのほうが勇気づけられました。

そして、わたしのところにも大きな挑戦がやって来ました。

すべて、何年か前に思い描いていた事。
だから、引き返すつもりはないんですけどね。
ドキドキするわけですよ。

ドキドキ、ちょっと横に置いて、わたしも前進しますからね。

ありがとうございます^_^