この写真は、昨年一年間ずっと
トイレに貼っていました。

富士山の頂上奥宮の鳥居の写真です。

富士山頂上浅間大社奥宮

富士宮ルート6合目の山小屋で購入したのですが、
頂上の鳥居も雪化粧していると、こんなに綺麗なんだ~
いつか行ってみたいなぁって、

厳冬期は無理でも、
せめて残雪期に行けたらいいなぁって、

だけど、どうやって行けばいいのかわからないから、
とりあえず飾っていたんですよ。

写真。

一生懸命にこの写真を見ることはなかったけれど、
トイレでぼーっとした時に、いつも視界に入るようにしてたので、
自然と視界から潜在意識に入っていたのだと思います。

潜在意識って、自分ではコントロール出来る場所じゃないし、
わたし自身よりもわたしのことを知っている存在だと思うし、
どんな仕組みで、
どんな仕掛けがあるのかなんて、
こちらでは全くわかりませんけれど、

一度、潜在意識に入ってしまったものは、
すべてを知っていて、
すべてを見ていて、
独特の方法でこちらの願ったことを容赦なく実現するのでしょう。

軽いタッチが大切なのかもしれません。

「いつか行くんだ♪」ってことを決めた後は、
そのことすらも忘れてしまい、
この写真は、ただ飾られていました。

それから一年近くたってからです、
年中富士登山をしているエキスパートさんとご縁を頂き、
冬のトレーニングを富士山で受けられる機会を頂いたのは。

実は、このお話にはもうひとつのシンクロがあるんです。

一緒に富士山通いをしている
チベット体操のお兄さん先生も、
冬の富士山頂上の写真(新聞記事)をずっと眺めていたんです。

それもエキスパートさんが新聞に掲載された時の記事を
モレスキンに貼っていたのでした。

厳冬期の富士登山。

わたしたちは、お互いに、
何の打ち合わせもせずに、偶然に、同じ時期に、同じ場所の
「写真を眺める」ことをしていたわけです。

そのことを、わたしは後から知りました。

エキスパートさんとご縁を頂いた時も
まだそのことを知らずにいて。。。

あとから知った時は、
びっくりと同時に不思議な気持ちでいっぱいになりました。

エキスパートさんから、冬の富士山のお話を直接聞かせて頂いて、
富士山でもトレーニングして頂いて、

それまで、
「いつか雪の頂上に行くんだ♪」と決めていた気持ちは、
「行けるように準備しよう!」に変わり、行動を開始しました。

とはいっても、富士山です。

夏の富士山とはまったく違う山です。

車は通行止めになってますから、
下から歩くしかありません。

しかしわたしはヘナチョコです。

毎月富士山に通っては、
行けるところまで行って帰ってくる、という繰り返しが続きました。

富士山頂上

だから、今年の5月に無事に頂上まで行けた時は、
ご指導してくださったエキスパートさんに感謝でいっぱいになりましたし、
それと同時に、自分の人生や潜在意識に対しても
信頼感がグッと増しました。

お天気に恵まれたことも、
体調を維持出来たことも、
チベット体操のお兄さん先生との登山中の相性も、
すべてひっくるめて、潜在意識は無関係じゃなかったと思ってます。

この「ありがとう」の気持ちは、どこに向けたらいいのでしょう。
っていうくらい、ありがとうがいっぱい溢れました。

まだまだ練習が必要ですが、
この日の登頂は、わたしにとって特別な登頂だったことは確かです。

まさか自分が残雪期に登頂出来るなんて、
以前は考えたこともなかったから。

閉鎖中の時期です。
登山するなら、装備や技術はもちろんのこと、体調がどうであれ、
休まずに行動し続けることが出来る人じゃないと山に入ってはいけないことが
ガイドラインにもあります。

わたしが登頂した時は、遭難者の救助活動が行われていた時でもあり、
身が引き締まると同時に、肩身狭い思いで山に入りました。

そしてこの日に味わった不思議な出来事は、誰にも言えぬまま、
あっという間に6月になってしまいました。
次に富士山に行くときは、雪はすっかり融けていることと思います。

こうしてチャレンジ出来るのも、
ユミコサロンに来てくださるお客様を始め、周囲の方々のおかげなんです。
お土産いっぱい買って帰ってきました。

目に入るものって大事ですね。

目から入ったものは、実現に向かっていく。



使ってない食器が沢山入ってる食器棚は
見直そう。

読んでない本は、
これからも読むことはないだろうから
誰かに差し上げるなどして片付けてしまおう。

むかし勉強したテキストがそのままになっていたら、
それも片付けてしまおう。
持っていても、再び学び直すことはないでしょうし、
それなのに、目に入るという時点でNG(笑)

思い出に囲まれてばかりいると、
新しいことを挑戦するエネルギーが出てこなくなっちゃう。

こうして定期的に訪れるわたしの断捨離ブーム。

身軽さは大事^_^