昔っから、
お客様との会話は、人生通しての会話になってしまうことが多いのですが、
易選流易学の学びのおかげで、ますます盛り上がることの多い今日この頃・・・


そして、奥深さに触れるたびに、
言葉にできないことのほうが多すぎて、
安易になんでも出せなくなってもいる今日この頃・・・


このところ、ずっと、
あるキーワードがわたしのところに届いています。

人も違う、
名前も違う、
形も違う、
星も違う、
命式も違う、
出来事も違う、

日々、いろんな人にお会いしますし、
日々、いろんなことがありますが、

わたしに届いているキーワードは、
このところ、ずっと同じ・・

同じキーワードなんです。


お客様からしてみたら、
お客様のテーマが、ある出来事の中にあります。

その同じ出来事の中に、
わたしに対するテーマがあります。

出来事そのものは、同じ中でやりとりしているのですが、
お互いのテーマはそれぞれ。

お客様と会話をしながら、
お客様のテーマに一緒に寄り添いながらも、
わたしはわたしで自分のテーマに向き合うことが同時並行に。


なかなか強烈。

これを、おもしろいと思えるようになったら
人生は無敵なのかもしれませんが・・・・^_^


自分にしか見えないテーマと向き合って、
自分にしかわからないテーマを、もし克服したとしても、
誰に褒められるわけでもなく、
自分にしかわからない一歩一歩かもしれなくても、

きっと、天は見ている。

そんなふうにスムーズに思えるようになったのも、
易学の学びのおかげは大きいです。

課題が終わらなかったら、
また次も同じ課題をいただくということを
萬年暦にも出ているからです。


仕事が変わろうと、
環境が変わろうと、
その学び(行?)は、ずーーーーーーーーっとついてくる。
それが、自然の法則。


というわけで、強烈な日々を過ごしている今日この頃です^_^