たとえば、
「初級」は、初心者だけのものかもしれない。

でも
「基本」は、プロになればなるほど大事なんだと思う。

初級と、基本は、
まったく違うものだと思う。


これまで、施術の仕事を通して、
自分の技術レベルが上がった時ほど要注意なことは、
何度も直面してきました。

そういう時は、学んできたことをいかに捨てていけるか、
削ぎ落とすことがものすごく大事でした。

学びを止めようというお話ではなくてね。

大切なところ、しっかり残そうということ。

あれもこれも大切なうちは、どれもこれも大切じゃないのと同じだから。


昨年から取り組んでいる歩き方の訓練も、
まだまだとはいえ、
変に慣れてしまうことのないよう気をつけています。

慣れてきた時に、ふっと自分の癖が出てくるのですねー。

もちろん、自分の歩き方でも歩けるんですよ。
でも、それだと限界があるから、
もう少し、可能性を広げていくためにも、
教わった歩き方の【基礎】を、
何度でも何度でも。


で、この【基礎】ってやつが、
すごく地味です。

地味っ!

だけど、偉大です。

結果として、
膝痛や、腰痛にも、すごくいい。

むしろ、歩かなければ治らないと思う。


わたしは登山と下山で筋肉痛が出てこないので、
もっと追い込んでも大丈夫だよという段階に来ていますが、
富士山の樹林帯があまりにも気持ち良くてね。
ゆっくり味わいたくなりますね^_^