昨年から、
余計なことをしない美容法を(美容とは言わないかもしれないです)
実践していることで、

その副作用、、、

これは、お客様とも笑い話になっちゃうのですが、
何もしないことで、
何もしないというストレスがある!!!!


それまで、洗顔後は何かをしていました。

化粧水をつけてみたり、
時々パックをしてみたり。


何もしなくていいということは、
そういうことも要らないわけで・・・

乾燥が激しい場合には、ワセリンを米粒半分の量だけ全体に塗布。
そのときに、こすらないことがコツ。
ふわっとのせるだけ。

でも・・・

乾燥しているかも~と思いながら、
何もつけずにいたら、
つけなきゃつけないで、なんとかなってしまって、
そのうち、乾燥しなくなる、

というプロセスを何度か体験してしまうと、

急いで何かしなくてもいい、ということになり、

そうしているうちに、
何もしないままでした、
ということにもなっていく。


一応わたしは、接客業ですので、
何もしないほうがいいとはいっても、
野放し、だけは嫌なんです。

仕事のときは、
最小限、負担のない程度に、粉だけはつけています。
目元や口紅もメイクします。

でも、リキッドは使わない。
日焼け止めも、クリームタイプや美容液タイプのものは使わない。

(その理由をまとめると大きな記事になってしまうので、また今度。
使うなら、UVも、パウダータイプがいいです。)


長年、施術の仕事をしてきたわたしは、
サプリをあれこれ飲んでいらっしゃるお客様に不調が多いのを感じていたので、
出来るだけ余計なことをしないほうが内臓にもいいよということを
何度か伝えてきましたが・・・

そのときにね、
お客様から、
「じゃ、何を飲めばいいんですか」って聞き返されたことがあるんです・・笑

「何も飲まなくてもいいんじゃない?」ってお応えしていたんです。


肌に関しても、
化粧水を使わない、
美容液を使わない、

じゃ、何を使えばいいのだろう?って
自分で自分に問いかけて
自分から自分に
何もつけなくていいと答えながら・・笑


ワセリンは、乾燥している時だけ、
皮膚に蓋をする目的で使いますので、
使わなくてもいいなら使わないほうがいいのかもしれないです。


でも、ドラッグストアに行くとびっくりしますね。
ワセリンベースの商品が、ずらーーーり。
浸透しやすいワセリンとか、
よく伸びますというワセリンとか、
色々あってびっくりでした。

どんなワセリンを選ぶかで、結果も変わってしまいそうですね。


大事なことは、できるだけ浸透させないことです。

浸透して、保湿されてしっとり・・・←NGですよ。

大事なことは浸透させないことなので。

乾燥を防ぐ目的の蓋なので、
浸透させずに、
皮膚の内部のことは皮膚のメカニズムにお任せをする。
邪魔をしない。
余計なことはしない。


というわけなので、
ワセリンも、余計なことされたワセリンじゃなくて、
普通の白色ワセリンで十分だと思いました。


肌の土台が白くなっていく方、
体力が上がってきた方、
なんか、色々と、変化が面白いところです。


数名の方と実践しているので、
経過をシェアしあえるグループ作成を、現在、準備をしています^_^

寒暖差の激しい天気は、これからも続きます。
余計なことをしないことで、体力の漏洩を防げるような気もします。