汗が出にくくなっても腎臓に負担かかるし、
かといって、利尿作用を促進させてばかりでも腎臓に負担かかります。

バランス、大事。

そしてこれも、
体質によって、
汗ばんでいるくらいのほうが調子いい体質もありますし、
汗よりも、おしっこで出すほうが良好な体質もあります。


世の中には、いろんな健康法があるけれど、
どの健康法も、正しいとか間違いとかなくて、
自分に合うものを、
自分に合うペースで取り入れていくことが大事なわけで・・・^_^


そして、少しずつ、少しずつ、変わっていく。。。。


でも、この変化に気付けないまま、
ずっと同じ健康法のまま、ずっと同じレシピのまま、
ずっと真面目に継続されている方がたまにいらっしゃって、

で、

どこか偏ってしまって、
不調がチラホラと。


少し前に、20年近く前に関わったお客様から連絡を頂きました。

一瞬、どなた様かと思って驚きでした。
ずっと忘れずにいてくださって、ありがたいことです。

お話しながら、わたしも思い出していったんですけど、
以前わたしが伝えたことを、今も真面目に守ってくださってたんです。

それによって、肌荒れも改善し、
見た目が整ってしまったので、出かけることも楽しくなって、
人間関係の環境もがらりと変化されていたようでした。


でも、更年期に入ってから、
少しずつ何かがおかしい・・・

以前に教えていただいた健康レシピでは、ピンと来ない・・・


更年期って、ある意味、パワフル。

若い頃よりも代謝が落ちているため、
熱の代謝も遅くなって、
熱がからだに余ってしまうケースも多いです。

だから、自覚的には「暑い」んですけど、
熱が循環している暑さとはまったく違う暑さです。

すごーーーく暑がる方もいらっしゃるし、
火照るような暑さを実感する方もいらっしゃいます。


更年期の熱は独特なので、
もう若かりし頃の熱を忘れてしまってるかもしれませんが、

熱が循環している時は、表面が涼しくて、中が温かいものです。
表面が涼しいので、暑がるような暑さにはなりません。

自然に温かい感じです。

そして自然に柔らかい。

それが、更年期の熱って、
ブハッと、はみ出るみたいな暑さを感じる方もいらっしゃる。

決して暑いというのとは違う。。。
循環してない熱が、全力で熱をやっていますという感じ。
1カ所に熱が集中している熱というか。


だから、
ここから涼しくなるためには、
熱の代謝を促進させるためにも、
一瞬、冷やすことを利用するのも手であり、
そしてやっぱり欠かせないのが運動です。

または、全身のトリートメントを受けるのも
運動したのと同じ血流になりますので、
無駄な暑さも涼しくなり、中から温かくなってきます。


例えば、お茶を飲む時、
いつもほうじ茶を飲む人、
時々、緑茶にしてみるとか。

いつも珈琲をブラックで飲む人も、
時々、お砂糖を入れてみるとか。

カフェインは、糖質を分解するような作用があるので、
ブラックで飲むと、空炊きみたいな熱がからだに残る人もいらっしゃるんです。
お砂糖かミルクか蜂蜜か、、、なにか入れることで落ちつく人もいらっしゃいます。


とにかく、
いつもの好みの中に、
それほど好みでもないものを入れてみると、
からだのほうでは、どんな変化がありますか?
という観察をしてみるのも良いと思います。


今までどおりが今の結果なので、
今までと違うことしてみたら、今がどう変化するのか。


からだが変化しているんだから、
取り入れるものも変化させていくほうが自然です^_^


代謝が落ちていくので、
筋力低下のスピードも速いですよね。本当に早い。

更年期のわたしたちは、運動必須です。

運動後の休息はもっと必須ですね。

良い春を過ごしていきましょうね~