日々、お客様とお会いしていると、
二極化がどんどん進んでいるなぁと実感せずにいられません。

その最たるは、ころちゃんのワクチンでしょうね。

打った人と、打たない人。
その理由を述べるだけで、仲間割れとか、
馬鹿馬鹿しい極みです。


打った人は打ったなりの結果を得ることが出来るし、
打たなかった人は打たなかったなりの結果を得ることが出来るし、
それだけのことなのに。


からだへの負担が心配な方は、
打ったとか打ってない以前に、
日頃から気をつけなきゃいけない大事なことが、
他にいっぱいあるじゃないですか?


お客様がね、心配してくださることもあるんです。

ワクチン摂取した方の施術していると、具合悪くありませんか?って。

おそらく、摂取した方の呼気や汗から放出されるスパイクタンパクのことを
心配してくださってるんだと思います。

が・・・・

呼気や汗から放出されるのは、
スパイクタンパクだけじゃなくて、
糖分だったり、
何らかの過剰な栄養分だったり、
その他もろもろ老廃物、
いろんなものがあるんですよ。

空気中に漂ってくるので、
だからわたしは、施術中は、夏でも冬でも窓を開けているわけです。


皮膚の内部や、筋肉や、脂肪層に、
少しずつ少しずつ蓄積されているそれは、
人によっては、強烈なタバコ臭が発生するときもあります。
(むかし喫煙者だった方など)


いつだったかの時は、
魚の腐った香りが出てきた事もありました。
その日以来、そのお客様からは、アレルギー症状が出なくなりました。
魚介類にあたった時から、アレルギーに悩まされていたのが、
施術を繰り返していくうちに、
その要因となっていた物質が抜けていったのかもしれませんね。


なぜなのかは、わたしは追わないです。

わたしが治したわけじゃないし、
からだを支えている法則の力が、
パワーを取り戻したからかなぁと感じるからです。


話、逸れました。

とにかく、どっちでもいいから、
違う意見であっても、理解不能であっても、
相手は相手、自分は自分、
それでいいんじゃないですかね。


で、わたし自身は、
ワクチン接種者から放出される物質を恐れている人達とは話が合わないです。

自然派ひとすじの不自然な方々とも話が合わないです。

普通のことが大事だと思っています。
ワクチンどうのこうのよりも、
あまいもの摂り過ぎとか、
運動不足や便秘のほうが猛毒だと思ってます。


だからといって、決めつけないように注意もしたいと思っています。

日常こそ修行ですね( ̄0 ̄)

今の世の中の状況は、もうずっとずっと、
【中庸を保てよ】というシグナルが注がり続けていると思うんです。

つまり、
中庸なんか保ってられるか!!
って言いたくなるくらいの出来事にも遭遇しやすいし、
だからこそ、
神様は、ここ、どう乗り切るか観ていると思うから、
この修行、楽しんで進んでいきたいと改めて思っています。