木・火・土・金・水

【木】は、、、
【土 】がなければ生きていけないし、
【水】が大事な栄養を運んでくれるし、
【火】のあたたかさと優しさも大事なわけで、
【金】によって剪定してもらうことで、美しい姿・形でいられます。


みーーーんなが木を支えています。

だから、【木】の人にとって大事なことは、
感謝の行と言われています。

わたしも【木】です。


最近は、この「感謝」について、ずっと考えていました。

みんなに支えられているから、感謝しなきゃ。
だけど、感謝って、
感謝しろと言われて感謝するものではなくて、
自然と、湧き上がってくるものなんじゃないかな。


だから、自然と感謝の気持ちが湧き上がってこれない状態にあったら、
もうその時点で感謝を忘れていないかな?って。


ずっと考えていたんです。


というのもね。


先日、感謝を忘れた【木】の方と、お話する機会があり・・・
手がつけられない状態だったからです(^_^;


何を語っても不満だらけ、
自分がいかに不幸かを延々と語り続けて止まらない。

相手は、ゆみこさんだから聞いてくれると思って
安心して愚痴の嵐だったかもしれませんが、
聞いているわたしにとっては、ゴミ箱状態で、
途中からは聞き流すことに努めました。

気をつけようと思いました。

自分の戒めにもなりました。

感謝を忘れた木は、なんと醜いことかと・・・

「感謝の行」が大切と言われている意味が、
すーっと入ってきた瞬間でもありました。

つまり

感謝なんかしてられるかー!!!!!っていう出来事に遭遇した時に、
そういう時に、どう超えていくのかを、
きっと天は見ている。


自分が綺麗に咲けない環境だと思ったら、
勇気を出して、環境を整えることをしなきゃいけないのかもしれない。

嫌なものは嫌ですと、勇気を出して、一言でも伝えることが出来れば、
相手を恨むことをしなくて済むかもしれない。


どのみち、周囲の環境が整わなければ、木は綺麗に咲けないです。

だから、周囲に不満ばかりぶつけていたら、
自分が綺麗に咲ける日などやって来ないです。


感謝の行。

日常すべてが修行。

気をつけようと思いました。
型示し、、、ありがとうございました。