あっという間に6月半ばになってしまいました。

壬寅の今年から見て、
6月は、人とのご縁を結ぶ流れが活発になるなぁ~~~と、
萬年暦を見ながら感じていたのですが、

そういう時には、一人で過ごすよりも、
どんどん外に出て、どんどん動いてたほうが良くて、

気になることは、いま動こうと、

本当にその通りに、動き回る機会が多くなっており、
あっという間に6月半ばになってしまいました。


ブログ、いくつかの内容を下書き保存もしてたのですが、
下書きした当時と、今の自分に、すでに大きな開きがあるので、
(ほんの数日の間に!)
というわけで、
公開をやめまして、
いま現在の気持ちであらたに記事を書いています。


何から書きましょう。

最近の出来事といえば、

易選流の奥座を学ぶために、毎月奈良に通っていましたが、
無事に修了出来たこと。

ラストの最終章が、とんでもなく強烈でした。
自分自身と出会うセッション。

これがわたしが計画していたことだったの??!\(◎o◎)/!

人生の設計図の本当の意味と向き合わされるという意味では、
痛いことも多いのですが、
これをきっかけに、静かに覚悟が生まれてきました。

先月は、わたしにとって令和7年の予告のような一ヶ月でしたが、
予告の中のひとつ、軌道修正、
これも今のうちに少しずつやっていこうと。


易学というと、占いのような感じで捉える方も多いですが、
とんでもないです。

すごい学問だと思います。

最初の頃は、
自分の仕事にも生かしていけたらいいなとか、
お客様から相談された時にも、役立てていけたらいいなとか、
そういう気持ちがあったんですけどね。

奥座が進んでいくごとに、
お客様のために役立てていけたらなんて安易過ぎじゃないか?と思うくらい、
奥が深くてね・・・

たまにご相談を受けても、命式を観る時のその重み・・・
なかなかずっしりと来ます。
師範の方々は、この重みに耐えられるの凄すぎます。
わたしは、最近は、自分以外の命式はほとんど見ていません。

暦はチェックしてます。
現在の気運の読み解きなどに。




先日は、何度か富士山にも行って来ました。

お世話になってる「わらじ館」の館長にもご挨拶がありましたし、
夏のシーズン中、出来るだけスムーズに歩けるよう、
少しずつ高度順応訓練も兼ねて。

わたしの周囲で、富士登山人口が少しずつ増えています。


人口といえば。
脱シャンプーする方も、少しずつ増えてきてます。
頭皮が回復するまでの間は、シャンプーやめると脂が出てベトベトになるので、
今からの季節は厳しいこともあるかもしれませんが、
頑張ってみてください^_^

シャンプーもリンスも止めて半年過ぎたわたしは(ただの一度も使っていません)
もうシャンプー時代には戻れないなぁというくらい、今を気に入っています。


富士登山中も、帽子の中でけっこうな汗をかくんですが、
それがほとんど臭わなくなってきました。

これは、わたしだけじゃなくて、
脱シャンプーした方々のグループLINEの中でもご報告があります。

ただ、このグループ、
脱したのはシャンプーだけじゃなくて、
化粧水や洗顔、クレンジングなども使わないという変な人達。

皮膚から入るものは、気をつけなければいけないのかもしれませんね。
人工的なものは、合わない場合はからだが反応してくれるからまだしも、
天然のものは、合ってても合ってなくても、奥に入ってしまいます。

食べて入るものは咀嚼出来るからまだマシ・・・
皮膚から入ったものは、蓄積していったら、なかなか出ていけないですからね。