台風14号。
ときどきニュースサイトでチェックしながら。

自分の足を、自分でケア。


一昔前と比べたら、
ほーんっと元気な足になったなぁと思います。


からだが弱かった頃のほうが、足裏としては完璧でした。
今のほうが、あちこち爆弾を抱えていますが、元気は今のほうが断然元気。



足裏は全身の縮図ですが、
足裏は人生全体にも通じています。


これまで生きてきた流れが、刻み込まれているし、
これから創り出していく未来も、現れていたりします。


足をほぐしていると、
どこからともなく、気持ちに余裕が生まれてくるので不思議です。

たとえば、
「欲しいもの」を得るために頑張るのも有りですが、

からだは、何を欲しがっているのかな?と、からだに意識を向けて、
からだの欲しいものを自分も求めてみようという行動も有りだと思います。

いえ、どちらかというと、
からだに合わせて進んでいくほうが、いろんなことがスムーズです。


でも、からだが凝り固まっているとね、
足裏も硬くなっていますし、
その状態では、からだの本音を受け取ることが出来ません。

怖いと感じることも、怖いまま固まってしまっています。


ところが、
足をほぐしていくと、
全身がほぐれていくので、

そうすると、

怖いと感じることも、いったん横に置ける余裕が生まれてくるんです。


怖いのは、わかった。
じゃ、からだは?
からだはどうしたいと言っている・・・?


美味しいとか、
怖いとか、
愉しいとか、等の、

自分の感情と、
からだの意思を、
ごっちゃにせずに、

自分の感情は感情、
からだはからだ、

感情がどうであれ、
からだの意思に合わせることが出来る、
そういう余裕が、気合いじゃなくて、ふわっとね、生まれてくる。


施術を受けられた方が、
「自分の本心だと思っていた本心の奥に、もう一個の本心が出てきました!」
なんて仰られることがたまにあります。

出てきたら、それは本当に大切なものです。

^_^