鈴木ゆみこ。
1971年北海道生まれ。愛知県蒲郡市在住。
1993年より、アロマを中心としたボディの施術に関わる。
店舗責任者として休む暇のない数年間を過ごした結果、カラダが崩壊。
療養中、様々な次元を彷徨い、
自分のカラダから自分の意識が抜ける体験を何度か繰り返す中で、
これまでの生き方をやめて、生きながら生まれ変わることでしか、
健康を取り戻せないことに気づかされる。
そんな中、アイヌの文化と治療に精通している師匠との出会いによって、
自分の体質に合わせた治療で健康を取り戻したことがきっかけで、
体質の違いに基づいてアロマや化粧品を扱うようになる。
その後、それらを基にしたリラクゼーション法を確立。
足の反射療法サービスを行う医療機関での勤務と温泉サロンでの勤務を経て、
2008年8月に蒲郡市にて小さなユミコサロンをオープン。
体質の違いや個人差を大切にする施術がお客様からも好評を得ている。

<主な活動内容>
●足の反射療法をメインとした全身の施術
●足の反射療法集中講座
●体質を理解するカラダ講座
●STR(素質適応理論)を使った相性、宿命やバイオリズムなどの相談
●チベット体操
●マネーコーチ紹介

<お客様との交流>
●ユミコサロン富士山チーム
●ユミコサロンご飯会

施術に対する考え方

春・夏・秋・冬と季節が巡るように、
カラダの中にも四季があります。

四季の変化に合わせて住まいを整えるのと同じように、
カラダも、四季の変化に応じて準備が大切です。

熱すぎても生命は枯れてしまいますし
冷えすぎても生命は停止してしまいます。

カラダも、熱と水のバランスがとても大切。

セラピールームすずきでは、
カラダと地球は同じであるという視点を大切にし、
カラダの中心感覚を育てる体調管理とリラクゼーションを
特徴としています。

健康とは、維持するものではなく育ててゆくもの。
そして、育ててゆく段階で、自分の体質への理解が深まり、
与えられた体質(環境)に感謝の想いが溢れてくるもの。

カラダはどんなことにもシンクロしています。
カラダに起きている事は日常にも象徴される事が起きています。

そんな小さな発見も、おもしろく受け止めながら、
時代の流れに乗れるカラダ感覚を身につけていきましょう。

明日からもまた笑顔で過ごしてゆけますように。